日本通販CRM協会 定例会レポート 2017年2月

日本通販CRM協会 瓜生資

当協会では、業界発展のため、会員の皆様に多くの発見や情報をご提供するため、様々な活動を行っています。そのひとつに、毎月のセミナー・勉強会があります。
豊富なご経験・知識をお持ちの方を講師にお招きし、『ここでしか聞けない』内容でお届けしております。

2月に開催の定例会の模様を一部レポートします!
今回は、「自社サイト強化」および「ファン作り」をテーマに定例セミナーを開催し、多くの皆様にご参加いただきました。

第1部:雑誌的手法で作る「ブランド力」と「信頼感」

「自社サイト強化」&「ファン作り」のテーマの元、第1部のセミナーでは、株式会社幻冬舎第二編集局 局次長/新メディア開発 片山 裕美 様をお迎えし、消費者を引きつけ購買につなげる「雑誌的アプローチとは?」をご講演いただきました。
片山様の読者、そして雑誌にかける想いを包み隠さずご講演いただきました。
如何に読者の求めていることを雑誌を通し伝えていくのかという手法は、
EC業界にとってもお客様を想う気持ちととても共通点が多く、もっと聞きたい!!と思うほど内容の濃い1時間でした。

参加者の皆さまの満足度もとても高く、こんなコメントを多くいただきました!
・雑誌のターゲットの深掘りの凄さにまだまだできることはあると感じた
・雑誌のパワーがネット通販に通じることが納得できる
・物を売ること<コンテンツの質でECを考えることは新しい

片山様、貴重なご講演をありがとうございました!

第2部は片山様・西村様のトーク形式でのセミナー!

第1部にご登壇いただきました、株式会社幻冬舎 片山様に加え、ウイニングナイン株式会社 代表取締役 西村 俊毅 様をお迎えし、「"自社サイトで売る時代”の背景とマーケット心理」というテーマで自社サイトの重要性や、購買アクションをどうやって起こさせるかという点をレクチャーいただきました。

ECの変遷をたどりながら、お客様が求めるもの・観点・手法も変わりゆくものであり、時代背景とともにとても丁寧かつ分かりやすくご説明いただきました。
片山様、西村様の息の合ったセッションは、学ぶべき点がとても多く、ノートにびっしりメモを取られているご参加者様もいらっしゃいました。

第2部についてもこんなコメントをいただいております!
・自社サイトへ信頼できるかどうか確認しにくる、というポイントに気付かされた
・自社で取り組み始めていたので、重要性を理解できてよかった
・これまでのECの動き、流れから今後の動き見えてきたため
・今まで通りの戦略では難しい。世界観、ストーリーの重要性が勉強になった

片山様、西村様、贅沢なレクチャーをありがとうございました!

今回のセミナーも、ご参加いただいた皆様にご満足のお声をいただき大変有り難い思いです。
皆様に多くのものを持ち帰っていただけるよう、今後も展開して参ります!!


3月に開催の定例会は、“LTV”についてがテーマです!
“LTV”、他の会社はどんな事をしているの?
~成長企業に聞いた!LTVを高める為にしている事と課題
                featuring ティーライフ様~
と題しまして…
ティーライフ様ほか成長企業から、「LTVを上げる為にしていることやその効果、現在の課題」に関する具体的事例や取り組み状況の傾向をご紹介頂きます!
会員様同士のチームによるケーススタディ&ワークショップ、
毎回賑やかに盛り上がる懇親会もご準備しております。
ぜひご参加くださいませ。

事務局一同心よりお待ちしております!


次回の定例勉強会はこちら
https://ecnomikata.com/seminar/detail.php?id=13683


日本通販CRM協会入会ご興味のある方はこちら
http://japan-crm.org/join_top/

著者

日本通販CRM協会 瓜生資 (Tasuku Uryu)

http://japan-crm.org/

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
/company_blog/13727/