Shopify 50万店とあなたへ「ありがとう」

上崎 理会子

私たちShopifyが「すべての人のためにコマースをより良くしていくこと」をミッションと掲げてきて11年が経ちました。現在では、Shopifyで作られたオンラインショップがなんと50万店を超えるまでに至りました。(こちらTechCrunch Japanでも取り上げられています。)

すべての始まりは、スノーボード用品を売るためにオンラインショップを始めたことがきっかけでした。一人の販売者として商品を様々なサイトに掲載し、販売を進めていました。

しかしながら、ただ他のサイトに商品を出すだけでなく、自分たちだけのブランドを持ち、お客様とのつながりを作っていきたいという想いがあったことから、誰でも簡単に販売を行うことができるオリジナルサイト作りたいと考えていました。

当時は、そのようなツールが存在していなかったので、私たち自身の手で作ることにしたのです。作ることを決めてから、多くの人々が手間のかからないオンライン販売のプラットフォームを必要としていることにも気が付きました。

こうしてShopifyが誕生したのです。

その後私たちは、かけがえのない*Shopify パートナー、サポーターのおかげもあり、こうやって50万店を超えるオンラインショップを展開をすることができています。(*Shopify パートナーに関しては以下の関連リンクをご覧ください。)

私たちを支える皆さまへ、本日は少しばかり私たちの想いをお伝えしたいと思います。

毎日皆さまがどのような想いを持って、苦悩と戦い、ショップを成長させていくのかを見届けるべく、常に何をサポートできるのか考えています。

Shopifyは、ビジネスを簡単に始められるツールであるのと同時に、本当になりたい自分を実現できる、起業家の方々にとってかけがえのないプラットフォームとなれるように日々模索を続けています。

顧客の減少によってお店を畳んでしまう実店舗も増える中で、オンライン販売というお店の扉を大きく広げていく新しい方法を通して、

顧客も売り上げも、低コストで成長させることができる
これを一つの選択肢として知ってもらうこと、そして店舗経営の可能性を広げていってほしいという想いがあります。

「いつかは自分のお店を持ちたい。」「お店をやるにはお金がかかる。」そんなこれまでの常識を覆す店舗の運営方法を知ることで、今まで諦めていた夢を実現させる人々が増えていくこと、それが私たちの喜び、そして原動力でもあります。

Shopifyのグローバルなネットワークは、今まで想像もできなかった形で成長を支援し、成功への道を歩む一歩となるものだと信じています。「どんなことでも、その気があれば実現することができる。」ということ、50万店もの実際のオンラインショップの存在がそれを実証しています。

起業家というのはある日を境に「なる」ものではなく、日々の行動を通して結果的に「起業家」と呼ばれる自分を築き上げていくことだ。

ある人がこのような言葉を残しています。

このように、「起業家」という肩書きだけの職種ではなく、やりたいことを実現させていく本当の意味での「起業家」になり得る人々を、私たちは全力で応援します。

そのためにも、Shopifyはこれからも「すべての人のためにコマースをより良くすること」を常に第一に考え、 皆さまが商品を準備し、売ることに集中することができるプラットフォームの提供を行っていきます。 私たちのプラットフォームを通して、多くのオンラインストアがビジネスに必要なあらゆることを、よりスムーズに管理できますように。

Shopifyとともに、あなたもその一歩を踏み出してみませんか?

著者

上崎 理会子 (Uesaki Rieko)

日本で生まれ育ち、オーストラリアの大学で国際政治と人権を専攻。国の発展と皆様の幸せの架け橋になるため、起業家をサポートするべく、日々活動に励んでいます!

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。