曜日にとわられない配送を実現、リアルタイム自動連携

ECのミカタ編集部

EC自動出荷Webサービス「シッピーノ」を提供するシッピーノ株式会社は、クラウド型倉庫管理システム「ロジザードZERO」に自動連携するネクストエンジンアプリを提供開始した。

人手を介することなく、出荷指示を行うことが可能に

 「シッピーノ」は、ECサイトで発生する注文を自動的に取り込み、物流システムに自動で出荷指示を行うASP型システムである。また、「ロジザードZERO」は、770現場以上で利用されているクラウド型倉庫システム(WMS)だ。

 一方、「ネクストエンジン」は、複数の店舗の在庫・受注・商品ページ管理を一元化し、EC事業者の人的・時間的コストを削減させる業界シェアNo.1のASP型システムである。

 今回の連携により、ネクストエンジンを利用しているEC事業者は、人手を介することなくアウトソース先倉庫へ出荷指示を行うことが可能となる。ECサイトで注文発生後、自動で倉庫側へ出荷指示が流れるため人的コストおよび時間コストの削減が見込まれ、効率的な店舗運営を行うことができる。

 また、EC事業者が休業日であっても自動で出荷指示が行われるため、アウトソース先の倉庫が稼働していれば休日でも出荷ができるようになり、曜日にとらわれない配送が実現可能となる。

入庫情報や出荷確定情報も自動でリアルタイムに連携

 出荷指示以外にも、在庫の入庫情報や出荷確定情報も自動でリアルタイム連携するため、これまで1日に数回まとめて行われていた情報送信作業も、人手を介することが不要となる。そのため、在庫補充の反映や、購入者への出荷メールの送信も従来よりも早くなり、売り逃し防止や顧客満足度の向上も見込める。

 倉庫側は、EC事業者から「出荷情報をもらうまで当日の出荷ボリュームがわからない」、「最終の出荷時間までに出荷情報が送られてこない」という従来の問題が解決されるほか、入庫情報や配送情報をEC事業者に渡す業務も不要となり、人の作業の質に左右される事なく、効率的な倉庫業務が可能となる。

 また、1日数回しか行えなかった在庫情報の更新や、配送情報の更新もリアルタイムに行うことができるため、EC事業者に対するサービスレベルの向上が見込める。

 今回の連携により、業務の効率化ができることはもちろん、休業日でも自動で出荷指示を行うことができるため、商品をいち早くユーザーに届けることが可能となった。曜日にとらわれずに配送することができるようになり、顧客満足度を向上させることができるのではないだろうか。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。