アクセス解析ツール3社比較〜ユーザーを理解し売上につなぐ〜

ECのミカタ編集部 [PR]

 どのようなユーザーが、どのように興味を持って、どのような経路でサイトに訪れてきたのか、分析はできているだろうか?データの集計に手間と時間がかかるため、つい後回しにしがちだが、訪問したユーザーのアクセスデータには売上を伸ばすためのヒントがたくさん眠っている。こうしたデータを活用するためにも、アクセスデータの集計、分析を簡単に行えるようサポートするのが「アクセス解析ツール」だ。

アクセス解析ツールのサービス資料一覧はこちら
 → https://goo.gl/iMXuPa

AD EBiS

 「AD EBiS(アドエビス)」は株式会社ロックオンが提供するマーケティングプラットフォーム。広告効果測定を中心とした「測定」機能で蓄積されたマーケティングデータを活用し、一気通貫したマーケティング環境が整うのが特徴。すでに顕在化している顧客層に向けたマーケティングにとどまらず、潜在顧客層を育成するマーケティングを得意とするツールだ。

セカンドブレイン

 「セカンドブレイン」は、インタセクト・コミュニケーションズ株式会社が提供する分析ツール。「行動分析機能」「モール分析データ自動取得機能」「楽天SEO検索順位チャッカー機能」を備えており、検証・効果測定が簡単にできるのが特徴。マーケティング施策ではPDCAを回して、効果検証を重ねる必要があるが、その際に手間がかかりがちな「チェック」の時間を短縮し、成果につなげることができる。

brick

 「brick」は、株式会社テクロコが提供しているWebマーケティングツール。Googleアナリティクスと連携し、サイトの問題や広告成果を可視化することができる。具体的な機能としては「ヒートマップ」「LTV分析」「効果測定レポート」「ファネル分析」など様々なツールが備わっており、データ集計の手間なく分析が可能になる。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。