シルバーエッグの「レコガゾウ」特許取得へ。唯一無二のレコメンドサービスを目指して

ECのミカタ編集部

 シルバーエッグ・テクノロジー株式会社(本社:大阪府吹田市、以下 シルバーエッグ)は、メール開封時にレコメンド結果をリアルタイムに抽出し、メール上に表示することが可能なリアルタイム・レコメンドメールサービス「レコガゾウ」に関する特許審決を受け、特許取得のための手続きが完了したと発表した。

 アイジェント・レコメンダーというAI(人工知能)技術をベースにした最先端テクノロジーを駆使したレコメンドサービスがある。Web上での行動情報(閲覧/購入/お気に入り登録等)を、ECサイト/コンテンツサイト/アプリ/メール/DSP/納品書・請求書等、顧客との様々なタッチポイントで活用できる優れたマーケティング・プラットフォームだ。

 利用場面に応じて最適な技術を容易に選択・導入することができ、ABテストによる効果検証も可能。アルゴリズムは、シルバーエッグ独自開発のAIをベースにしており、サイトのアクセスや購買状況、各ユーザーの動線を「リアルタイム」に把握・分析し、一人一人の嗜好に合ったおすすめの商品を、瞬時に表示することができる。

 また、多機能な管理画面やレポーティングサービスにより費用対効果の検証を行い、売上増大に向けた対策などを、専任コンサルタントが継続的にサポートしてくれるため、導入から活用までがスムーズだ。


 そのアイジェント・レコメンダーのオプションサービスに「レコガゾウ」という機能がある。これは、ユーザーが画像データを含む電子メールを開封した時点で、そのユーザーが最も興味を持ちそうな商品の画像を、レコメンドとしてメール上に表示するというもの。


 電子メールを開封する直前までのユーザーの行動、例えば購買履歴およびWebページの閲覧履歴に基づく推奨情報、更には電子メールの送信後に情報提供が開始された推奨情報についても、リアルタイムに抽出してユーザーへ提示することが出来る。

AIはこれから更にEC事業の発展に欠かせない存在となっていく

 このシステムが特許審決を受け、特許取得のための手続きが完了したという。シルバーエッグは、「今後もAI(人工知能)技術をベースにしたWebマーケティングサービスの提供を通して、顧客サイトにおけるマーケティング施策の更なる効果向上を支援するとともに、あらゆるチャネルとデバイス上での、パーソナライゼーションによる付加価値向上を実現していく」とした。

 いまやEC事業においてAIの存在は欠かせないものにまで進化した。レコメンド一つで売上は大きく左右される。唯一無二のこのレコメンドサービスを知っておいて損はないだろう。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。