メールマーケティングシステム「Eストアークエリー」でアナログな接客をデジタル上で実現

ECのミカタ編集部

 ネット通販総合⽀援の、株式会社Eストアー(本社:東京都港区)は、販売促進システム「Eストアークエリー」の提供を開始。アナログな接客をデジタル上で実現させるべく、顧客にとってより的確で活きた情報を届けることで、企業と顧客のOne to Oneの関係構築を促進するメールマーケティングシステムとなっている。

 情報過多な現代。だからこそ、ただ単に多量の情報をばら撒くだけのマーケティングにはもう意味がない。その本質は昔も今も変わらず「顧客に寄り添った接客であること」だと言える。

 「Eストアークエリー」にはそれを実現する多くの特徴がある。

 まず、直観的に現状や結果を把握できること。課題発⾒や改善案の創出など、正確な次の⼀⼿をうつことができる。Eストアークエリーでは、顧客や注⽂、商品などベースとなるデータに対して、幾重にも条件をかけだし、条件分岐と適応数が、つぶさに俯瞰的に⾒られるよう設計されているので、研ぎ澄まされた戦略を練ることができる。

 メールを配信するだけでは、もちろん効果は薄く期待も望めない。顧客接点を持つ、⾃店の情報を伝えることを⽬的に、セグメントの分類やリーチするタイミングと反応による分岐、カスタマーデータへのフィードバックなどが必要だ。それらの分析が、Eストアークエリーでは直観的にできるので、分析結果をもとにしたメールマーケティングアクションの成果を⾼めていくことができる。

 メール開封率やクリック、購買成果などをリアルタイムに把握でき、そのアクション結果からさらに、セグメント分類、タグ付けするなど、直接次のシナリオへ反映、実⾏することが可能。施策のフィードバックを繰り返すことで⽣み出される無限のシナリオは、One to One のアナログアクションをデジタル環境下で実現できる。

デジタルによってアナログ的な手法を取る。それが新しい時代の企業と顧客の関係構築となる

 Eストアークエリーは、データ量や機械学習という確率論より、顧客との関係創造に⾼価値をもたらすという考えのもと設計されている。現状の可視化から分析、顧客との接点であるメールマーケティングまでを⼀貫して行えるため、それを実現しやすい構造となっている。

 消費者の購買行動は多様化が進み、企業は消費者一人ひとりに合わせた商品やサービスの提案を行っていく必要が出てきた。それは容易なことではない。しかしこうしたツールを上手に活用していくことで一人ひとりの生活動線に合わせ、適切なタイミングに適切な方法で「手紙を渡すような」感覚をもってユーザーと接することができるようになる。それが新しい時代の企業と顧客の関係構築となるのではないだろうか。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。