【ネット×リアル】のポップアップショップが品川駅に期間限定オープン

ECのミカタ編集部

【ネット×リアル】のポップアップショップが品川駅に期間限定オープン

東日本旅客鉄道株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:冨田 哲郎、以下「JR東日本」)は、エキナカ商業施設『エキュート品川』と連携し、期間限定で、ネット通販連動型のポップアップショップ2ショップを展開する。

厳選されたショップが品川駅を舞台にリアルとネットの垣根を超える

JR東日本は、株式会社JR東日本ステーションリテイリング(本社:東京都港区、代表取締役社長:貝瀬 厚、以下「JR東日本ステーションリテイリング」)が品川駅構内で運営するエキナカ商業施設「エキュート品川」と連携し、2018年1月22日(月)から期間限定で、ネット通販連動型のポップアップショップ2ショップを展開し、テストマーケティングを実施する。

<ショップ概要>

◆「sakana bacca(サカナバッカ)」:スーパーには並ばない珍しい魚種や旬な魚の購入・エキナカ受け取りが可能な鮮魚店

◆「iplus(イプラス)」:エキナカ初の、働く女性を応援するアパレルや雑貨のネットショップを集約したリアルショップ

両ショップは、ベンチャー企業や優れた事業アイデアを有する方々とJR東日本によるオープンイノベーション型のビジネス創造活動「JR東日本スタートアッププログラム」で採択した事業モデルをテストマーケティングとして今回、実現させたものだ。

まさに活きのいい魚だらけの『sakana bacca(サカナバッカ)』

『sakana bacca』は、株式会社フーディソン(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:山本 徹、以下「フーディソン」)が運営する鮮魚の小売店「sakana bacca」と、JR東日本が運営するショッピングサイト「ネットでエキナカ」が連携したショップだ。

鮮度や温度管理が重要なためネット販売ができない商材と言われる“鮮魚”。今回エキナカにショップを設けることで、鮮魚の事前予約・エキナカ受け取りサービスを展開するという。

また、「ネットでエキナカ」上には、スーパーには並ばない旬の珍しい鮮魚を多数ラインアップする。切身、サク、刺身など、お好みの下ごしらえをした状態で提供するとのことだ。

店頭では、鮮魚だけでなく刺身や海鮮丼など、エキナカに合わせたテイクアウト商品も用意。さらにエキュート品川内の飲食ショップ「ぬる燗佐藤 御殿山茶寮」、「バル マルシェ コダマ」では「sakana bacca(サカナバッカ)」とコラボレーションしたメニューを提供する

【sakana bacca概要】
展開期間:2018年1月22日(月)~2月1日(木)
展開場所:エキュート品川 イベントスペース「マーケットスクエア」
営業時間:10:00~22:00(日・祝は20:30)
協業社 :株式会社フーディソン
【販売サイト】 ※1月16日(火)14:00サイトアップ

4ブランドから選りすぐりの雑貨をラインアップ『iplus(イプラス)』

株式会社COUNTERWORKS(本社:東京都目黒区、代表取締役CEO:三瓶 直樹)がセレクトする、常設店を持たない人気のネットショップ4ブランドが、エキナカにリアルショップ『iplus(イプラス)』を初展開する。「楽して美しく」「スタイリッシュなのに機能的」をキーワードに、忙しい働く女性をサポートする4ブランドから選りすぐりの雑貨をラインアップする内容となっている。

エキナカポップアップストアでの買い物は、「ネットでエキナカ」との連携により、店頭で試着した商品の別カラー・別サイズ、また気に入ったブランドの店頭に並んでいない商品もオンラインで購入することが可能だ。

オンラインで購入した商品は、自宅配送もしくはポップアップストアでの店頭受け取りを選択でき、通勤・乗換途中に店頭で受け取るなどエキナカならではの利便性の高いサービスを実現する。また、ポップアップショップの展開終了後も「ネットでエキナカ」にて継続して商品をご購入できるとのことだ(自宅配送のみ)。

【iplus概要】
展開期間:2018年1月22日(月)~2月4日(日)
展開場所:①JR品川駅中央改札内イベントスペース
     ②エキュート品川 イベントスペース「エキュートギャラリー」
営業時間:①10:00~20:00 ※初日のみ12:00~
     ②10:00~22:00(日・祝は20:30)
協業社 :株式会社COUNTERWORKS
【販売サイト】 ※1月16日(火)14:00サイトアップ

エキナカも席捲するオムニチャンネルの波

エキナカと言えば、JRが仕掛けたマーケティング施策の中でも特に成功したものとして取り上げられる事が多い。今まで実店舗を展開することが無かったECショップがエキナカというJRにしかできない展開手法にも登場するほど、確実にオムニチャンネルの波が押し寄せていると言って良さそうだ。

【ネット×リアルショップ】という基本に留まらない、アイデア次第で無限に広がるオムニチャンネルの可能性を感じずにはいられない。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。