海外進出を強力に支援!マーケとフルフィルメントをワンストップで提供するサービスがスタート

ECのミカタ編集部

株式会社デジタルガレージ(東証一部 4819、本社:東京都渋谷区、代表取締役 兼 社長執行役員グループCEO:林 郁)は、海外進出に乗り出す事業者向けに、マーケティングとフルフィルメントをワンストップで支援するサービスの提供を開始した。

まずはタイと台湾で構築

デジタルガレージは、1995年創業のインターネット時代の「コンテクスト」を創造するため、マーケティング・決済・投資に関する事業を中心に展開している東証一部上場企業だ。

マーケティングテクノロジーセグメントは、WEBプロモーションを中核に、WEBストラテジー(WEBサイトやアプリの制作・運用)やCRMソリューション(EC・会員サイトの活性化)に取り組み、一気通貫のデジタルマーケティングを提供。近年はアプリ・データ・グローバル等の新規事業を開発し最先端のテクノロジーを駆使しながら、クライアントの事業を成長へと導く「事業戦略パートナー」として支援している。

そのデジタルガレージが、海外進出を狙う通販事業者(主に化粧品や健康食品メーカー)向けに、マーケティングとフルフィルメントをワンストップで支援するサービスの提供を開始した。昨今、多くの通販事業者が海外進出先として狙うタイと台湾において、そのサービス体制を構築したという。

フルフィルメント+マーケ+プロモ

■画像左:「one」タイ向けECサイト。ブログやSNSへの投稿を積極的に行い、チャットによるコミュニケーションを活性化。

■画像右:バンコクで2018年4月に開催したPRイベントの様子。現地インフルエンサーから効果的に情報を発信。

デジタルガレージは、海外進出の際に必要となる物流・販売・決済におけるフルフィルメント支援だけでなく、現地のマーケット特性に合わせたマーケティング戦略実行や販売チャネル構築、オンライン・オフラインのプロモーションまでワンストップで支援するサービスを提供する。

このサービスによって、通販事業者は商品を国内倉庫に卸すだけで、自社での物流・販売スキームの構築やリソースの確保が不要となり、海外進出に必要な費用や通関などにおける専門的業務の負担やリスクを軽減できるのだ。

タイへ進出する通販事業者に対しては、広告効果の最大化を実現するマーケティングに関する豊富なノウハウを保有するデジタルガレージと、海外フルフィルメント支援サービスを提供する五反田電子商事株式会社が連携し、サービスを提供することにしている。

今回提供が開始されたサービスは、株式会社ユーグレナが販売する未来型オールインワンクリーム「one」のタイ進出で導入されている。デジタルガレージは、オンライン・オフラインにおける販売チャネルの構築とプロモーションを手掛け、タイ人女性のニーズや化粧品市場の特徴を捉えたマーケティング活動を支援する。

販売チャネルではECサイト構築・運営、チャットセールス対応、販売店舗の開拓を行い、プロモーションではWEB広告運用、タレントを起用したPRイベント実施、インフルエンサー施策等、幅広く展開する計画だ。

事業の成長を実現する「事業戦略パートナー」へ

それだけではない。当該サービスは、台湾進出に関してもタイと同様に支援を展開しており、今後のサービス展開先はアジアだけでなくアメリカやヨーロッパ各国・地域へと拡大していく予定となっている。

こうした施策を通しデジタルガレージは、海外進出に必要なマーケティングとフルフィルメントをワンストップで提供することにより、事業の成長を実現する「事業戦略パートナー」となることを目指す方針だ。

海外展開を行う企業は少なくない。その中でもアジア地域はひときわその熱度が高い。日本の事業者としても世界へ船出するには最適な追い風が吹いていると見ることもできる。一方でその大海に躍り出るには、海図や知見豊富な船員が必要になってくる。デジタルガレージが今回発表したソリューションは、まさに海外で展開するための必要な要素が網羅されている心強いパッケージと言えるだろう。同社の今後のさらなる展開にも期待したい。

越境ECセミナー

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。