楽天市場アワード受賞歴もあるオシャレボがルイヴィトン・エルメス・シャネルの買取価格保証サービスを提供

ECのミカタ編集部

株式会社オシャレボ(代表:若山知宏 東京都渋谷区神南)が運営する、ブランド古着の買取サイト「Branduru(ブランドゥール)」は、ルイヴィトン、エルメス、シャネルの買取価格を保証するサービスを開始したことを公表した。

楽天「中古販売賞」の受賞歴もある実力派

国内外のブランド衣料、バッグ、時計、宝飾品の買取および販売などを手掛け、楽天市場ショップ・オブ・ザ・イヤー2014、2015 と2年連続で、「中古販売賞」を受賞している実力派企業でもあるオシャレボ社は、同社が運営するブランド古着の買取サイト「Branduru」上で、ルイヴィトン、エルメス、シャネルの買取価格を保証するサービスを開始したことを公表した。

Branduruは、レディースカジュアルブランドを中心に、国内外5000以上のファッションブランドの古着を取扱っている。古着を売りたい場合には、無料で見積りを行い、買いたい場合には、迅速な配送と全商品返品可能で対応しているという。

思い切った施策である「買取価格保証」

今回のアナウンスの目玉はなんといっても「買取価格保証」にある。ユーザーがブランド品を売る場合に、品物の送付後、思ったより査定価格が低かったり、仮にイメージと大きく開きのある査定結果だった時に返品の手間がかかる点などで躊躇することは大いにあり得る。

しかし品物の送付前に、あらかじめ買取価格が明示され、それが保障されるとしたら、その懸念は一気に払拭されることになるだろう。まさにこの買取価格の保障をBranduruで実施することになり、ユーザー側は手持ちのブランド品の提供へのハードルが一気に下がることに寄与し、買い取る側は、より良質なブランド品を多く取り揃えられることにつながり、サービス全体としての価値向上が期待できる。

「品質保証」の面などでもアドバンテージ

また同社は、今回の新サービス提供開始に際して、ルイヴィトン、エルメス、シャネルの買取基準を見直したことも公表した。買取価格の基準価格を上げ、買取可能な状態の基準を緩和したとしている。

フリマアプリの活況など、EC市場の中でもリユース分野には視線が集まっている。CtoCでは、ユーザーが手軽に手持ちの品物を出品でき、かつ価格も任意に設定できて出品者の利益率も大きい傾向にある。一方で、特にブランド品など高額な商品については、その品質の保証や、最悪は真贋を含めた品物の適正性についての担保に不安が残るのも事実だ。

そこにおいて事業体が買取を行う形のリユースプラットフォームにはアドバンテージがあると言えるだろう。サブスクリプションやアイテムのシェアを含めてECがモノの所有の概念すら変えつつあるとも言われる中で、同社がさらにどう存在感を示していくのか、ぜひ注目したい。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。