EC・通販サイト向けLINE@活用効率化ツール比較

ECのミカタ編集部 [PR]

LINE@とは、情報発信するためのアプリとなります。LINEが個人間のやりとりであるのに対しLINE@は友達になった人に一斉にメッセージを送信する事ができます。メールに代わるコミュニケーションツールとして日本でも多くの人に利用されています。また、LINE@は誰でも、無料で簡単に、アカウントを作成する事ができるためその利用しやすさから自社商品の紹介やクーポンの配布などEC企業でも活用されています。セグメント分けや配信頻度など自社の状況に合わせた運用を行う事がより効果的なアタックにつながります。今回はLINE@を効率的に活用するためのサポートを行うツールをご紹介します。

EC通販向けLINE@活用ツールの一括資料ダウンロードはこちら
https://ecnomikata.com/docrequest/category/145/

Re:lation

「Re:lation」は、株式会社インゲージが提供するメール管理・共有システムとなります。メール・電話・LINEなど様々な窓口に問い合わせを一元管理することができ、二重返信や対応漏れを防ぐことができます。また、ソーシャルネットワーキングサービスにも対応しており、自社の気になる情報をいち早く察知することができます。

Re:lationのサービス資料はこちらダウンロード

CScloud

CScloud(シーエスクラウド)は、ネット通販支援を600社以上してきたスタークス株式会社が開発・提供する、LINEに特化したカスタマーサポートのクラウドサービス。LINEの1:1トークをチャットボットが自動応答、さらには複数人での有人対応もできるため、効率的にLINEでのカスタマーサポートが可能になります。

CScloudのサービス資料はこちらダウンロード

WazzUp!

「WazzUp!」は株式会社ファナティックが提供しているLINE自動配信ツールとなります。配信に商品登録や配信設定が不要のため、LINEを配信する際に文章を考えたり、画像を作成したりといった手間を省くことができます。また、LINEのアカウントを分けることなく、セグメントを分けることができるため、特定のブランドや店舗の情報を希望するユーザーに限定配信することができます。

WazzUp!のサービス資料はこちらダウンロード


記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事