1,500色を超える製品のバーチャルメイクが可能に!三越伊勢丹とバーチャルメイクアプリがコラボ

ECのミカタ編集部

パーフェクト株式会社は、AR(拡張現実)とAIを応用したバーチャルメイクアプリ「YouCam メイク」のブラウザ埋め込み型ARモジュール「Webページコンサルテーションモード」を三越伊勢丹のコスメ・化粧品・ビューティ専門通販サイトmeeco(ミーコ)へ提供開始したことを発表した。
これによって、当該サイトで1,500色以上の製品のバーチャルメイクが可能となる。

17のコスメブランドから、ネット上で自分に合う色を発掘

今回の導入により、三越伊勢丹のコスメ・化粧品・ビューティ専門通販サイトmeeco(ミーコ)に訪れたユーザーは、17のコスメブランドから画面に映し出された自分の顔に合う色をバーチャルタッチアップすることが可能となる。

リップはもちろん、アイシャドウ、チーク、アイライナー、ファンデーションなど、およそ1,500色以上のアイテムの色味をバーチャルで試すことができる。

一部非対応機種を除き、パソコン、スマートフォンのどちらからでも利用できる。

60カ国以上でバーチャルメイクを展開!パーフェクト株式会社とは

パーフェクト株式会社は、ARビューティアプリ「YouCam メイク」を筆頭に、累計7億5千万ダウンロードを超えるビューティーアプリシリーズの開発と、高度な顔認証技術とAI技術を利用して開発したバーチャルメイクアップサービスを提供する企業だ。

現在は200社以上のコスメブランドを協業パートナーとし、10万種類を超えるコスメ商品のバーチャルメイクを、世界各国で展開している。

これまでにない形で消費者とコスメブランドとをつなぐ、世界最大のビューティープラットフォームを構築している。

Amazonも導入する、バーチャルメイクの需要

最近では、Amazonもロレアルグループのリップにバーチャルメイクを導入した。
https://ecnomikata.com/ecnews/22702/

バーチャルメイクは、「実際につかったときの色合いが知りたい」という、ECでメイクを購入するときのニーズに応えるのはもちろん、「店頭で見たけれど時間がなく試せなかった」「化粧品売り場でタッチアップする勇気が出なかった」「タッチアップしたけれど、他の色も試してみたくなった」というような店頭販売における化粧品購入のニーズにも応えることができる。

今後、ECのコスメ業界を大きく飛躍させるきっかけとなることは間違いないだろう。

販促カレンダー2019


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事