楽天、「キャッシュレス・ポイント還元」特設ページを公開。増税に伴うキャッシュレス促進に貢献

ECのミカタ編集部

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区/代表:三木谷浩史、以下 「楽天」)は、運営するインターネット・ショッピングモール「楽天市場」において、2019年10月1日(火)以降から適用される消費税増税に伴い、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」の制度を活用した、5%分還元施策を実施する。
それに合わせ、2019年9月10日より、お得な買い物方法を案内する「キャッシュレス・ポイント還元」特設ページを公開した。

「キャッシュレス・消費者還元事業」に参画!楽天のサービス利用で5%還元が受けられる

楽天は、今回の消費税増税に伴う「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)」に参画する。

楽天のショップにおいて対象のクレジットカードを使って買い物すると、支払額に対し5%分の還元を受けることが可能となる。

「キャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業」の期間中に、合わせて「スーパーポイントアッププログラム」を実施することで、条件を満たしたユーザーは最大8%のポイント還元を受けることができるため、よりお得な買物が楽しめるようになっている。

楽天におけるキャッシュレス・消費者還元事業(ポイント還元事業)

2019年10月1日(火)から2020年6月30日(火)の期間中、還元対象事業者店舗での購入、及びA型事業者登録済カードでの支払いに対し、購入金額の5%分のポイントを還元するという施策だ。

還元方法は各カード会社の還元方法に準ずるとされ、「楽天カード」払いの場合は「楽天スーパーポイント」で還元される。
上限還元ポイントは15,000ポイントまでだ。

楽天は還元対象事業者店舗とA型事業者登録済カード、双方をカバーしているため、今回のように「スーパーポイントアッププログラム」とのかけ合わせによる最大8%還元を実現した。

これをきっかけに、楽天会員が増え、キャッシュレス化を促進させることになるかもしれない。

5%還元の受け取り方

楽天で5%還元を受け取る方法は、3ステップだ。
1)楽天市場の対象店舗で商品を選ぶ。
2)対象のクレジットカードで決済。
3)待つだけで5%還元。

「楽天市場」の検索ページや商品ページにおいて、「キャッシュレス5%還元対象」のアイコンがついているショップが対象となる。

検索時に5%分還元の対象ショップのみを絞り込んで検索することも可能だ。

楽天は、消費税増税も顧客に有意義な購買体験を提供することに活用している。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事