お父さんが本当に欲しいものとは?父の日.jpが「父の日に関するアンケート調査」を実施

ECのミカタ編集部

父の日に特化した情報ポータルサイト「父の日.jp」にて、全国の30代~70代の男女(計400名)を対象に「父の日に関するアンケート調査」を実施。2020年度の調査データを公開した。ここではその概要についてポイントを絞って見ていく。

調査概要

調査エリア:全国
調査主体:父の日.jp
調査方法:インターネットリサーチ
調査対象:30代~70代の男性(計400名)
調査期間:2020年1月28日(火)~3月17日(火)

父の日によく貰うプレゼントは?

まず「父の日によく貰うプレゼントは何ですか?」という設問に対しては、1位「食べ物・飲み物」、2位「手紙・メッセージカード」、3位「趣味に関するもの」という結果になった。

逆に欲しいプレゼントは?

それに対して「父の日に欲しいプレゼントは?」との質問では、1位「食べ物・飲み物」、2位「何もいらない」、3位「趣味に関するもの」という結果になった。実際に貰っている「食べ物・飲み物」が1位となり、理由としては、「家族全員で幸せな時間をシェアできるような、食べもの関係が嬉しい」という意見もあったようだ。

「父の日のプレゼントで感動した」7割

「父の日のプレゼントで感動したことはある?」という質問では、「ある」が77.5%、「ない」が22.5%という結果になった。7割以上の父親が父の日に感動した経験があり、「成長したことを実感して感慨深い」「父親として頑張ってきたことが報われたよう」といった意見が多く寄せられたそうだ。

まとめ

このように父の日に送られるギフトの動向が明らかとなった。父の日では「食べ物・飲み物」が多く、これは父親たちが欲しいものとも重なっており、送る側もそうした当人たちの気持ちをよく理解している様子がうかがえる。

同社は母の日アンケート調査との比較も行っており、調査結果を比べると、母の日では定番の「お花」を送る人が多いのに対し、父の日では「食べ物・飲み物」が多く、お酒やおつまみ、普段食べる機会の少ないスイーツなどで感謝の気持ちを伝える傾向が大きいことが浮き彫りとなっているとしている。

また欲しいプレゼントについて「何もいらない」という回答が母の日では1位、父の日では2位となり、どちらからも「感謝の言葉だけで嬉しい」「お金は私のためでなく自分のために使ってくれれば」などの意見が寄せられたそうだ。日頃からなかなか感謝の気持ちを伝えにくい父親にECを通してギフトを送るのも良いのではないだろうか。

ECのミカタ通信19号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事