佐川急便、「指定場所配送サービス」をスタート。受け取り場所を幅広く設定可能に

ECのミカタ編集部

SGホールディングスグループの佐川急便株式会社(本社:京都府京都市/代表:本村正秀、以下「佐川急便」)は、2020年5月18日(月)より「指定場所配送サービス」を開始した。

受け取り場所の幅が広がる

佐川急便ではこれまでコンビニエンスストアでの荷物の受け取りや、宅配ロッカーの活用、配達日時を指定するサービスなど、受取人の行動に合わせた受け取り方を提案してきた。

今回、荷物を受け取る側が希望する場所に配達する「指定場所配送サービス」を新たな受け取り方法として開始し、これまで以上にさまざまな受け取り方法を提供する。

指定場所配送サービス概要

本サービスは、個別契約を結んだ顧客から出荷される荷物が対象となる。

配達時に、受取人が指定する玄関先や車庫内などの場所に荷物を配達。
指定場所に荷物を届けた際、佐川急便セールスドライバー®が状態撮影を行う流れになっている。

対象となる佐川急便輸送サービスは、飛脚宅配便・飛脚航空便・飛脚ジャストタイム便のみだ。

拡張し続けるEC市場、社会問題になりつつある再配達問題の解決へ

新型コロナウイルス感染症の影響で自粛生活が続き、ECの需要が高まっている。

佐川急便は、EC市場の拡大に伴う再配達の増加に、さまざまな輸送サービスを提供して顧客の利便性を向上すると共に、社会課題の解決に努めていく所存だ。

会員登録バナー


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事