【楽天×ネイビーグループ】卸展開する国内メーカーを広告領域で支援へ

ECのミカタ編集部

株式会社ネイビーグループ(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡田 駿之)と、楽天グループ株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)は、広告領域における業務提携契約を締結した。

非上場企業としては「初」

D2C・ECコンサルティング、ネットショップ運営代行などEC・マーケティング分野で総合支援を行う株式会社ネイビーグループ(以下「ネイビー社」また「はネイビーグループ」)と、楽天は2021年9月24日、広告領域における業務提携契約を締結した。ネイビー社は、非上場企業としては初めてのケースとなるとしている。

サービスは、月額固定費+出稿金額に応じた料率費で構成され、メーカーは完全運用委託ができる為リソースもかからないという。また毎月の運用レポートから経由売上やKPI結果の確認が可能だ。

楽天の検索結果トップに広告掲載できる

日本国内で楽天は年間EC流通総額で約4兆円のマーケットに達し、言うまでもなく圧倒的なEC売上シェアを持っている。今回ネイビーグループが締結したソリューションパッケージは楽天の検索結果トップに広告掲載できるもので、卸先の兼ね合いや、自社サイトを優先している企業など楽天未出店企業でも広告出稿が可能となるという。

「目的買い顧客」の獲得に最も近い媒体となっており高い売上が期待でき、ネイビーグループのECにおける豊富な実績、ノウハウ、データと楽天が提供する広告プラットフォームによる融合によって、日本で卸展開する全メーカーが力強い運営サポートで流通金額の底上げが可能となるとしている。

豊富なECノウハウを投入

ネイビーグループは、EC領域においてワンストップで商品開発支援からマーケティング活動まで一気通貫でサポートを提供し、急成長を遂げており、在籍するECコンサルタントは延べ1,000社以上の企業を担当分析した経験を有するという。

豊富なECノウハウ・成功事例・ビッグデータを保有するECコンサルティングファームで、広告分野では10億円以上の営業販売及び管理経験があり独自の広告分析システム・ツールによる広告運用の最大化を得意とする。

そのネイビー社と楽天が手を組んだことによって、より広範な顧客にリーチでき、また高精度なサービスの提供を通して多くの卸展開する国内メーカーのビジネスを加速させることになりそうだ。

ECのミカタ通信21号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事