通販物流代行の仕組みとは?メリット・デメリット、選び方のポイントまで解説します

ECのミカタ編集部

通販物流代行とは

通販物流代行とは、ECサイトで販売している商品の在庫管理や、梱包・発送などの業務を自社の代わりにおこなってくれるサービスのことです。ここでは、物流代行についてわかりやすく解説します。

物流代行は近年増加傾向にある


インターネット環境さえあれば、いつでもどこからでも買い物ができるオンラインショッピング。年々オンラインショッピングの利用者は増え続けています。拡大するEC市場への新規参入事業者が増えていることから、物流代行も近年増加傾向にあります。

オンラインショッピングでは配送にスピードを求める利用者も多く、商品をいかに正確で素早く届けられるかがEC事業成功のカギの1つといえるでしょう。しかし、物流業務にばかり時間や人材を費やしていると本来必要な業務がおろそかになりやすく、事業全体のサービスの低下につながりかねません。このようなEC運営の課題を対処したいと考える事業者も多く、物流代行の需要が高まっているのです。

物流代行の内容とは


一般的な物流代行で請け負っている業務内容は、おもに以下の4つです。

・商品の保管
・ピッキング
・梱包
・出荷

上記は代表的な物流代行の内容ですが、ほかにもラッピングやシール貼り、封入などの加工作業をおこなってくれる業者もあります。業務の負担を減らしつつ、コストを最小限におさえるためにも、事前に「どの工程を依頼したいのか」「どのように活用していきたいのか」を考えておくことが大切です。現在の物流業務にかかっている従業員のコストや自社のシステム状況に合わせて、利用する内容を検討しましょう。

物流代行サービスのメリット

すでに自社で物流作業をおこなっている場合、「わざわざ物流代行を利用するメリットがわからない」という方もいるでしょう。ここでは、物流代行サービスの利用で得られる具体的なメリットについて解説します。

社内の在庫保管スペースが不要になる


物流代行サービスを利用することで、在庫保管スペースが不要になります。在庫数やサイズによって必要な面積は違うものの、継続的に商品を販売するうえで保管スペースの確保は欠かせません。そこで物流代行に在庫を預けておけば、自社で在庫保管しなくてよいため、今まで使っていた保管場所の有効活用や倉庫の賃料の削減にもつながります。

また、自社の一部を保管場所にしていると経費がかかっていることに気付きにくいかもしれません。しかし、目に見えない部分でも経費はかかっているものです。社内で在庫保管のためのスペース確保が不要になることは、大きなメリットといえるでしょう。

誤配送などのミスが少なくなる


誤配送などのミスが少なくなるのも、物流代行サービスを利用するメリットの1つです。物流と一口にいっても作業工程は多く、人為的なミスの発生の多い業務といえます。とくに、慢性的な人手不足におちいっている場合、忙しさのあまり似たような商品を配送したり、品番を見間違えたりすることもあるでしょう。

しかし、商品を間違えて届けたり、配送ミスを訂正したことで日数がかかりすぎたりしては、顧客満足度の低下につながりかねません。通販事業において「口コミ」や「他人の評価」は非常に重要な意味をもちます。そのため、配送におけるミスをできる限り避けたいと思う事業者も多いでしょう。

長年の経験をもとにしたノウハウや仕組みをもっている物流代行を利用することで、人為的ミスを最小限におさえた運用が可能になります。

EC運営などのコア業務に集中できる


自社でおこなっていた物流業務をアウトソーシングすることで、EC運営などのコア業務に集中できるようになります。通販事業において商品管理やスムーズな配送は重要なことに違いありませんが、さらなる事業拡大を目指すのであれば、コア業務の人材確保は必要不可欠です。物流業務の負担を減らすことで商品企画やマーケティングなど、売上に直結する業務に時間と人材を確保できるため、収益増大にも期待できるでしょう。

物流経費の見える化が可能になる


自社で商品管理する場合、人件費や保管場所の賃料と併せて、価格変動のある梱包材料や運送費などの細かい経費の計算が求められます。しかし、実際には何にどのくらいの費用が発生しているのか把握するのが難しいケースもあるでしょう。

物流代行サービスを利用することで、専門業者ならではのシステム管理で「回転率」や「在庫金額」などの物流にかかる経費が見える化が可能になります。
経費を見える化することで無駄なコストの削減が容易になり、より効率よく利益をあげられるようになります。

物流代行サービスのデメリット

物流代行は業務の負担を減らせる便利なサービスですが、利用するうえでデメリットになるポイントがいくつかあります。契約後に後悔しないためにも、メリットだけでなくデメリットも理解しておきましょう。

自社内に配送のノウハウが溜まらない


物流代行サービスを利用すると、自社の従業員が物流業務に携わらなくなるため、社内に配送のノウハウが蓄積されなくなります。そのため物流代行の利用をやめたあとに、社内のみで業務を進めるのが困難になる可能性があります。

社内で物流業務が完結できないとなると、売上にも影響しかねません。いつでも自社物流に切り替えられるように研修やノウハウの共有などの機会を設けて、社内の従業員が仕組みを理解できる環境を整えておきましょう。

自社配送よりも柔軟な対応が難しい


多くの物流代行ではサービス内容の規定があり、それに沿った対応となります。規定外の依頼や突発的なことがおこったときの対処など、柔軟な対応が難しいケースがあります。もし代行サービスを利用することでお客様にデメリットがある場合、自社の顧客にとっては「サービスが悪くなった」と感じられるかもしれません。物流代行を利用する際に今までと変わることがあれば、あらかじめお客様への案内を丁寧におこなっておきましょう。

アウトソーシングで配送業務がすべて無くなるわけではない


物流代行を利用しても、自社での業務がすべて無くなるわけではありません。一般的な物流代行で受けられるサービスは、受注管理や出荷・配送手続きなどですが、契約内容外の業務は自社でおこなう必要があります。

たとえばお客様からの入金確認や送り状の発行など、配送に関わる些細な業務が自社対応になるケースもあります。アウトソーシングによって負担がどのくらい軽減されるのか、全体の業務フローと照らし合わせて確認しましょう。

物流代行サービスの選び方

物流代行サービスは、それぞれ依頼できる内容や費用が異なるので、どこを選べばよいのか悩む方も多いでしょう。ここでは、物流代行サービスの選び方を解説します。物流代行を利用して売上アップにつなげましょう。

本当にコストが抑えられるか


物流代行サービスを利用する前に、本当にコストが抑えられるかどうかを熟慮することが大切です。売上よりも代行サービスの経費がかかっては元も子もありません。代行サービスの利用料金や商品の出荷数によっては、自社で業務をおこなった方が安くなるケースもあります。

物流代行サービスには「定額系」と「カスタム系」の2つの形態があり、それぞれ以下のような違いがあります。
・定額系…あらかじめサービス内容と料金が決まっており、コストの概算が簡単
・カスタム系…自社のビジネスモデルにあわせてカスタマイズできるため、定額系より柔軟

上記を参考に、気になる代行サービスがあれば資料を取り寄せてコストを計算してみましょう。複数の代行サービスから資料を取り寄せて比較しておくと選出に失敗しにくくなります。

商品やオプションなど顧客ごとに柔軟な対応はできるか


物流代行では、業者によってどの程度柔軟に対応してくれるかが異なるため、事前にオプションなども把握しておく必要があります。ラッピング加工・カタログやカードの封入・当日出荷や翌日出荷など、自社が求めるサービスに対応してくれるかどうかを確認しておきましょう。
契約後に慌てなくて済むよう、代行対象の内容を事前に把握しておき、疑問があれば契約前に解消しておくことが大切です。

誤出荷の割合はどうか


物流代行サービスを利用するときは、誤出荷の割合もチェックしておきましょう。誤出荷が多いことでお客様からの信頼が薄れては、代行サービスを利用する意味がありません。これまでの実績を見たときに誤出荷の割合が少なく、信頼できるかどうかがポイントです。中には誤出荷を防ぐためのシステムを導入している業者もあります。出荷エラーの確率が低いなど、日々機能の改善に取り組んでいる業者を選ぶとよいでしょう。

繁忙期などの一時的な大量出荷に対応できるか


繁忙期や販促企画にあわせて、一時的な大量出荷に対応できるかどうかも重要です。SNSやデジタル広告を利用したキャンペーンや季節商品のシーズン到来により、一時的に注文が殺到することもあるでしょう。そのようなときに対応してくれない物流代行では、売上アップを見込めません。

繁忙期は売上を伸ばせる重要な期間です。自社の売上増加につなげるためにも、繁忙期などの一時的な注文にどのくらい対応してくれるかを確認しておきましょう。

サポート体制は充実しているか


物流代行サービスには、自社の大切な商品を預けることになります。そのため、今後長く付き合うためにも、信頼できる業者を選ばなければなりません。問合わせたときの態度や返答スピードなど、気持ちよく対応してくれるかどうかや、疑問点に答えてくれるかなどのサポート体制も確かめておきましょう。

また、倉庫見学や倉庫移管などの環境が整っている業者もあります。資料だけで判断するのでなく実際に問合わせてみるなど、サポート体制を事前に確認しておくと安心です。

提案力があるか


一部の物流代行サービスでは、コンサルティング業務をおこなってくれます。通販事業における売上施策や販促施策など、売上アップのための分析や提案もまかせたい場合は、提案力のある業者を選びましょう。自社では考えつかなかったアイデアがもらえるかもしれません。どこまで物流代行サービスに求めるかは選ぶ側によって違うため、すべての方にあてはまるわけではありませんが、気になる場合はチェックしておくとよいでしょう。

まとめ

今回は、通販物流の代行サービスのメリット・デメリットや選び方について紹介しました。通販物流の代行サービスを利用することで、事業成長のための人材確保や配送コストなどの課題の解消に期待できます。

しかし、物流代行サービスにはメリットもデメリットもあるため、両方を踏まえたうえ検討することが大切です。物流業務が圧迫されている状況にある方はもちろん、さらに売上を伸ばしたい方も今回の内容を参考に、物流代行サービスの利用を検討してみてください。

EC専門の物流倉庫への委託先選定はECのミカタへ

ECのミカタが運営する物流倉庫会社様とのマッチングサービスです。ECサイトに特化したメディアを運営する専門コンシェルジュが、丁寧なヒアリングを行った上で、最適な企業をご紹介します。

そのため物流倉庫についての知識が全くなくても、マッチ度の高いパートナーさんと出会うことが可能です。希望する会社が決定すれば、最短1営業日で企業との商談のセッティングを行います。商談日や商談方法だけでなく、断りの依頼も全てコンシェルジュに任せることができるため、じっくり選定に時間をかけることが可能です。

物流倉庫の無料ご紹介の問合せはこちらから
https://ecnomikata.com/lp/butsuryusouko/


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事