【ヤマト運輸】オートロック・マンションでも置き配が可能に 同社の「マルチ・デジタルキー・プラットフォーム」で実現

ECのミカタ編集部

ヤマト運輸株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:長尾裕、以下「ヤマト運輸」または「同社」)は、「マルチデジタルキープラットフォーム」を開発し、デジタルキーを提供する6社と連携する契約を締結した。

順次エリアを拡大

ヤマト運輸は、EC荷物のさらなる受け取り利便性向上に向け、複数のデジタルキーを一括管理できるシステム「マルチデジタルキープラットフォーム」を開発し、デジタルキーを提供する6社と連携する契約を締結した。

2022年3月28日から、「EAZY」を配達するドライバーの端末に、オートロック付きマンションのエントランスをデジタルキーで解錠する機能を追加し、事前に指定した届け先への置き配を開始する。

開始時は、東京都練馬区と豊島区・板橋区の一部のオートロック付きマンションを対象とし、順次エリアを拡大するとしている。同システムは、利用者の解錠承認を前提としたワンタイムパスワードの活用でセキュリティを担保するため、安心して利用できるとしている。

「マルチデジタルキープラットフォーム」について

「マルチデジタルキープラットフォーム」は、複数の異なるデジタルキーを一つのシステム上で同時に管理することができ、オートロック解錠用デバイスの設置情報と、EC注文時の配達先の住所情報をマッチングし、対象のデジタルキー会社にエントランスのオートロック解錠申請を行う。

配達情報ごとにオートロック解錠に必要なワンタイムパスワードが発行されるため、高いセキュリティを実現している。またデジタルキー会社は、「マルチデジタルキープラットフォーム」とAPI連携をするだけで導入可能だ。今回は、クラウド環境下でCI/CDを実践することで、開発スピードを落とさず高品質なシステム開発を実現したという。

利用手順

◆1.

荷物が発送された当日にヤマト運輸より荷物の届け予定を届け先にEメールやLINEなどで通知する。利用者は、通知内に記載されているリンクから受取り日時・場所を変更するページにアクセスして、置き配をする場所(玄関ドア前、自宅宅配ボックス、ガスメーターボックス、自転車かご)を選択し、オートロック解錠の同意をする。

なお一部のオンラインショップでは、注文時でも受け取り方法を置き配に設定することができるが、オートロック解錠をするためには、届け予定のお知らせから置き配の設定と同意が必要となる、またオートロック解錠対象物件に居住する利用者のみ、同意に関する項目が表示される。

◆2.

対象マンションに到着したEAZY CREWがオートロック解錠専用のアプリで配達荷物のバーコードをスキャンすると、解錠の正当性が確認される(「荷物の配送ステータス」や「ドライバーの情報」など)。

◆3.

正当性の確認完了後、アプリ内のオートロック解錠ボタンが有効化され、解錠ボタンを押下することでマンションエントランスのオートロックを解錠する(解錠は1回の配達で1回のみ)

◆4.

利用者が指定した場所に荷物を置き配し、撮像する。撮像データを確認できるURLが利用者の登録したメールアドレスに配信される。

EC活況で急増する置き配ニーズに対応

公表に際して同社では次のように述べている。

「コロナ禍を契機としたECの急増を背景に、置き配を希望されるお客さまが増えています。しかし、オートロック付きマンションでは、お客さまが不在の際は、ドライバーはエントランスのオートロックを解錠できないため玄関前などに『置き配』をすることができません。またマンションに設置されている宅配ボックスに空きがないと、ドライバーは荷物を持ち帰るため、お客さまには再配達の手続きなどの手間が発生します。

現在、各企業がデジタルキーでマンションのオートロックを解錠する仕組みの検証を進めていますが、個社単位の対応ではデジタルキー毎に複数のオペレーションが発生するため、ドライバーの業務負荷につながる問題が生じます。今回、複数のデジタルキーを同一のオペレーションで同時に管理できる『マルチデジタルキープラットフォーム』を開発し、お客さまの受け取り利便性向上とドライバーの業務負荷軽減を実現します」

また同社は今後について、多様化する荷物の受け取りニーズに対応するため、自動車のトランクへの置き配などデジタルキーを活用した新たな受け取り方法の検討を進めるとしている。さらに今回開発した「マルチデジタルキープラットフォーム」をオートロック付きマンションに限らず、他業界にも将来的に展開することで、さまざまなシーンでの顧客利用者のさらなる利便性向上を検討するとしており、これからの展開にも注目と言えそうだ。

ECのミカタ通信23号はこちらから


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事