ブレインパッド、LINE等の最適なアクションを自動で実現

ECのミカタ編集部

コーセー通販サイトが導入開始!

 株式会社ブレインパッド(以下、ブレインパッド)は、コーセープロビジョン株式会社(以下、コーセープロビジョン)が運営する通販限定スキンケアブランド「米肌(まいはだ)」に、統合マーケティングオートメーション環境を導入したと発表した。

 この統合マーケティングオートメーションには、メール・デジタル広告・ウェブサイトなど複数のチャネルを横断した、最適な顧客コミュニケーションを高度かつ精緻(せいち)に実行できるマーケティングオートメーション「Probance Hyper Marketing」を中心に、以下の機能が主に連携されている。

・LINE ビジネスコネクト連携機能
 LINE株式会社が公式アカウントの各種機能を企業向けにAPIで提供し、各企業がカスタマイズして活用できるサービス。「LINE ビジネスコネクト」を活用することにより、従来の公式アカウントのような、LINEユーザーへの一方通行のメッセージ配信だけでなく、特定のユーザーに対してより最適化されたメッセージを送り分けることができるようになる。

・レコメンドエンジン搭載プライベートDMP「Rtoaster」
 プライベートDMP(Data Management Platform)とは、企業がさまざまな自社データや外部データを集約し、活用するために構築するデータ基盤のことであり、「Rtoaster」は、ブレインパッドが開発・提供する最先端のレコメンドエンジンが搭載されたプライベートDMPとなる。

・ビジネス・インテリジェンス(BI)ツール「Tableau」
 BIとは、業務システムなどから蓄積される企業内の膨大なデータを、蓄積・分析・加工して、企業の意思決定に活用しようとする手法のこと。「Tableau」は、あらゆるデータをビジュアル化し、データの持つメッセージを伝えるBIである。

統合MA導入前後の比較(イメージ)

 コーセープロビジョンは、これら機能が連携された統合マーケティングオートメーションを導入することで、従来より行っていたデジタル広告を中心とする新規顧客獲得施策、メールおよびLINEを利用した顧客育成施策を、マーケティングオートメーションの導入により一体化させ、より最適なタイミングで顧客一人ひとりに合わせたマーケティングを実現することができる。

 このように、顧客の趣味や嗜好にまで合わせたマーケティングができることで、ECでの接客の質が上がり、新規顧客をリピーターへとつなげる取り組みも期待できそうだ。

顧客に寄り添うマーケティングへ

 いまやメールだけでなく、LINEにまで企業の販促の場が広がったが、消費者からすれば、多くの企業の画一的なアプローチはどれも同じように感じてしまう。つまり、現代では、企業の魅力を伝える情報発信ツールは備わっているものの、その使い方に差をつけられていない状況なのだ。

 この状況からいかにして脱していくか。そのヒントが、今回ブレインパッドが提供するサービスにある。

 実店舗であれば、顧客と顔を合わせ会話をすることで、新規顧客へのアプローチ、”常連さん”へのアプローチが適格に実現しやすい。しかし、ECにてそのようなアプローチを仕掛けるためにはデータが頼りになる。今回の統合マーケティングオートメーションでは、それぞれの施策を連携してそういったデータを共有することが可能なので、まさに実店舗のような接客、そして顧客満足を提供することができるのだ。

 あなたのEC店舗のマーケティング、しっかりと顧客に寄り添っているか、もう一度見直してみてはいかがだろうか。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録