EC万引きに合わないための注意点

 EC万引き・不正取引とは、クレジットカードの不正使用や後払い決済時の未払いなどにより、代金を支払わずに商品を入手することなどをいう。この時、偽名や架空の住所、一時滞在先の住所が利用されがちだ。その被害を正確に知ることは難しいが、例えば、楽天市場では不審な注文については店舗に取引の停止を求めており、2015年のデータとして、9万2000件、金額にして72億円、前年比20%増だったと言われている。

ここでは、EC万引きに合わないためにチェックすべきポイントを図式化。被害にあわないために、気づかぬうちに犯罪に加担しないために、ぜひチェックしてほしい。

こちらの記事でも解説している
https://ecnomikata.com/ecnews/8788/
運営ノウハウ
2016/04/26 ECのミカタ株式会社 ECのミカタ株式会社