継続率90%超、費用対効果と高機能を叶えるレコメンド

ECのミカタ編集部 [PR]

 ECサイト訪問者に最適な商品提案を行い、離脱率・直帰率を改善させるのがレコメンドシステムである。大企業から中小企業まで、多種多様なECサイトがレコメンドシステムの導入を進めている。導入するからには、高い費用対効果を見込むことができ、自社で“欲しい”と思った機能も取り入れたい…が、高額であったり、手間がかかったり、簡単に導入まで決断できないのが現実だ。

 しかし、そんなECサイトの願いを叶えるサービスがあるのをご存知だろうか?今回はエクスプロージョン株式会社 代表取締役 田中 優氏、東京支社営業部長 矢野 貴裕氏に、安心の低価格帯でカスタマイズ性の高いシステム「ECレコメンダー」についてお話を伺った。

高機能の秘密は、自然言語解析の技術

 「わたしは、検索エンジンサイトを運営する以前の職場で自然言語解析開発を行っていました。その経験から弊社はレコメンドエンジンシステムの「ECレコメンダー」と検索エンジンシステムの「エクスプロージョンサーチ」の提供をはじめました。」と田中氏。検索エンジンとレコメンドエンジンは異なるサービスのように見えるが、実はそれぞれを説明する上で検索エンジンの構造を知る必要がある。

 エクスプロージョンサーチは、検索エンジンツールである。検索窓にキーワードを1文字入力すると、サジェスト機能がその文字に続く候補を自動的に表示する。例えば、同じ頭文字の商品名が表示されるのでサイト訪問者はその候補から商品を選ぶことができる。

 そして、単に検索結果を一覧表示するのではない。田中氏の自然言語解析の研究を活用し、精度が高い絞り込みの技術を使用しているのだ。豊富な絞り込み条件の設定が可能なカテゴリ毎の絞り込み検索機能で、欲しい商品のカテゴリをどんどん絞り込んでいくことが可能。例えば、様々なカテゴリがある中、スニーカーで絞り込む。そして次に色やサイズ、価格帯などでどんどん絞り込んで探していくといった具合だ。広いところから深いところまで順に絞り込んでいける。

 実はこの技術を応用したものが、レコメンドシステムのECレコメンダーなのだ。レコメンドシステムとは、ECサイトで商品を購入する際におすすめなどの商品を表示させるツールである。 ECレコメンダーは、自然言語解析の技術によって、本サービスを導入しているECサイトへの高機能ツールの提供を実現している。そして、多々ある機能の中でも人気を集めるレコメンドロジックが「カテゴリ絞り込みロジック」と「急上昇ランキングロジック」だ。

 「カテゴリ絞り込みロジック」とは、エクスプロージョンサーチの絞り込み機能と同様に、特定のジャンルに絞り込むことができるロジックである。また「急上昇ランキングロジック」では、急激に人気の出た“今”人気が伸びている商品をおすすめすることができる。

 そして、この2つの機能を掛け合わせることも可能。ある特定のジャンルの商品ページを閲覧している消費者へ、そのジャンルの急上昇ランキングを表示することができるのだ。そのため常にサイトは、消費者へ新しい提案を行うことが可能となる。常に、消費者のニーズに沿った商品を提案し続けることができるため、ECサイト内で回遊を向上させる。そして、最終的には売上へと繋がっていくのだ。

オーダーメイド感覚のカスタマイズ

 現在ECレコメンダー、並びにエクスプロージョンサーチは、中小企業・大企業問わず300以上のサイトに導入されている。規模を問わない理由として、矢野氏はこう語る。

 「中小企業にも大企業にも、それぞれに合ったシステムを提供しています。つまり、カスタマイズの幅が広いのです。ASPカートを利用しているECサイトも、独自開発のECサイトも、どちらも基本のロジックは同じ。そこから必要であれば、必要な分だけカスタマイズしていきます。」と。

 そして、他

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。