通販事業者の目線で創り出された次世代カートシステムで業界成長に貢献する

ECのミカタ編集部 [PR]

exar株式会社(エクサー) 代表取締役 浦﨑 友也氏 exar株式会社(エクサー) 代表取締役 浦﨑 友也氏

EC市場におけるASPショッピングカートは、今や価格帯から機能まで多岐にわたり、多くの店舗にとって欠かせないサービスとなっている。この激戦区にあえて参入してきたのが定期通販特化型ショッピングカートシステム『EVE CART』を展開するexar株式会社(以下、エクサー)だ。ECメーカーから独立し、その現場でのノウハウを惜しみなく注ぎ込んだカートシステムに込めた想いとは何か。同社の代表取締役 浦﨑 友也氏にお話を伺った。

お客様と商品の魅力的な出会いを増やすことで、EC業界をもっと活性化する

拡大を続けるEC市場。参入店舗数は右肩上がりで増加を続けている。しかし、すべての店舗の売上が同様に増加しているわけではない。差別化が求められる中で、有効な策を見つけられずに膠着(こうちゃく)状態に陥るショップも少なくない。
 ならば現状を打ち破るものは何か。「大切なのはやはり商品の良さをしっかり伝えること。売り手の想いと買う側のイメージが一致した時に、取引はより魅力的なものとなっていきます。そういった結びつきの機会が増えることで、EC業界はもっと活性化されていくと考えています。」と浦﨑氏は語る。商品が持つ強みを丁寧に伝えながら、顧客の琴線に触れるような売り方のお手伝いができたらと思っているそうだ。

導入はきっかけ。商品力を伝えるために一緒に考えるワンストップパートナー

EVE CART(イブカート)の強みを語る 浦﨑 友也氏EVE CART(イブカート)の強みを語る 浦﨑 友也氏

浦﨑氏をはじめとしたエクサーのスタッフは通販事業者しての経験もあり、立場の変化はあっても、商品の魅力をいかに伝えるかを考えることは、変わらずに注力している点なのだ。

そんなエクサーが自らの経験を集約して完成させたのが、定期通販に特化したショッピングカートシステム『EVE CART』だ。「定期通販ECのためのASPショッピングカートは、すでにサービスが充実しており、海の色で言うならば"赤"(レッドオーシャン)です。敢えてそこに参入した理由は、自分たちの経験が活かせ貢献できると判断したからです。」と浦﨑氏は言う。

 定期通販の運用現場では、ルールや運用パターンが固定化されやすく、頭打ちに陥ってしまうケースもあるそうだ。手詰まりを感じた状態に一石を投じるのは、仕組み以上に売り手の想い、と浦﨑氏は指摘する。

「自分たちの商売の根幹に戻り、商品の良さを伝えるために何ができるかを一から考えていく。時にはチャレンジする気持ちも大切です。」『EVE CART』利用者には、プロモーション経験豊富なスタッフが新たな施策づくりの相談にも乗ってくれる。これも大きな特長だ。
 「カートの入れ替えをきっかけとして、もう一歩踏み込んだところを一緒に話しながら、より強い協力や信頼関係を築いていきたい。」と浦﨑氏は言う。カート導入によって、商品開発やブランディング、あるいはウェブを離れたプロモーションまで、すべてを相談できるパートナーを得ることができる。忙しい経営者や担当者にとって非常にありがたい"ワンストップ"サービスだ。

こんな機能が欲しい。豊富な経験と現場の声で磨き上げたカートシステム

「『EVE CART』の最大の特長は"わかりやすい"ことです。」浦﨑氏はシンプルに語る。確かに、分類された8つのシステムは扱いやすいインターフェースでまとめられている。しかし真価は、そこに至るまでのブラッシュアップにある。
 エクサーは、商品の自社開発、定期通販として販売するというナレッジがあり、メーカーと販売者両面での経験が蓄積されている。「参考にしたというよりは、事業者の声そのものが反映されています。」と浦﨑氏は言う。実務の担当者自身がお客様や自分たちにとっての最善を考えながら『EVE CART』をブラッシュアップしてきた。
 さらに浦﨑氏は続ける。「ショッピングカートは単なる注文窓口ではありません。顧客管理を取ってみても、購入者の行動を把握し、次の商品開発やフォローにつなげていけなければ意味がありません。」お客様の傾向や状況ごとに施策を"わかりやすく"導くことができる存在になることが『EVE CART』の理想だ。

シンプルな料金形態が表すサービス価値と自信

 現在『EVE CART』が先行リリース中だが、『EVE』サービスからは、定期購入の離脱抑制など、新たなツールのリリースも予定されている。
 「様々な機能を備えているシステムの月額費用は固定となっており、全て使っていただいても追加費用は発生しません。もちろん導入後は最大限活用していただけるようにサポートします。」
市場には低価格ASPサービスなど運用コストが少額なカートがあるのは百も承知だ。カート自体の機能と、付加価値となるプロモーションサポートへの自信がうかがえる。
 アーリーステージの店舗はもちろん、すでに運用経験と商品の流通量があるショップも『EVE CART』の良さを体感できるそうだ。ある程度の流れが出来上がってきたとしても、定期通販の市場は決して安泰とは言えない。もう一歩、前に進むきっかけがほしいショップにとって、『EVE CART』は、単なるASPショッピングカートではなく、経験とアイデア豊富な頼れるパートナーとなることだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事