「大規模ECサイトであっても迅速に成長へと導く」運営代行サービスとは?ブランジスタ大橋氏に訊く

ECのミカタ編集部 [PR]

株式会社ブランジスタ ソリューション営業部 部長 大橋 隆裕氏

ECサイトの構築やリニューアル、運営をサポートしてくれる支援企業は少なくないが、多くの場合、クライアントであるEC事業者の要望をどれだけ忠実に具現化するかということに注力することが多い。しかし、株式会社ブランジスタ(以下、ブランジスタ)のスタンスは少々異なる。クライアントの課題を客観的な視点で洞察し、コンサルティングによってソリューションを導き出した上で、ショップ作りや運営をサポートしてくれる。特に大手企業が展開するECサイトの場合、商品数も多く、情報量も膨大になることが多いため、大規模ECサイトについての豊富な経験と、充実したスタッフ体制をもつブランジスタは、多くの問い合わせがあるという。コンサルティングとサイト制作・運営の両立は難しいといわれるEC業界にあって、一気通貫の支援を具現化している該社の取組みについて、ソリューション営業部 部長 大橋 隆裕氏にお話を伺った。

クライアントの成長にコミットするために、作りっぱなしにしないのがブランジスタ流

ECコンサルティングを提供する支援企業は多いが、多くは現状分析や計画作りまではやるが、その実行はクライアント自身に委ねられることが多い。また、ECサイトの構築を支援してくれる制作会社の場合は、クライアントの要望をできるだけ忠実にサイトに反映されることには長けているが、そもそもの課題の導き出しからプロジェクトを動かしてくれるところは多くない。

そうした環境の中で、クライアントの課題を導き出し、その解決のために必要なソリューションをプランニングした上で、最適なサイト構築と、その運営をサポートしてくれるのが、ブランジスタの『ECサポート事業』だ。

「もともとは、当社も制作代行を中心にしていました。しかし、ECサイトを作るだけでは、本来の目的を達成できないことが多く、クライアントの状況に応じた改善提案をしていくことにしました。本来の目的とは、言うまでもなく、クライアントの売上・利益の向上に他なりません。ですから、クライアントの売上・利益の向上にどれだけ貢献できるかが、私たちのミッションであり、その実現のためには、計画作りから、サイトの構築はもちろん、運営代行までを一気通貫にサポートしていくことが重要だと考えたのです。」と大橋氏は言う。

大橋氏自身、最前線でコンサルティングに携わることも多く、企業規模に関わらず、どのような案件であっても、サイトを作りっぱなしにせず、本来の目的である売上・利益の向上にコミットすることが、ブランジスタ流だという。

大規模ECサイトの構築・運営に関する豊富な経験とノウハウを、充実したスタッフ体制を通じて提供

ブランジスタのECサポートは、コンサルティングと制作・運営代行がセットになって提供される。

「コンサルティングだけの契約もありますが、当社の基本的なスタンスは、コンサルティングから運営代行までをワンストップでご提供することです。まずは既存サイトの問題点や、クライアント様が抱えている課題などをヒアリングした上で現状を分析し、改善提案を中心に、クライアントの実情に即したプランニングを行います。その内容にご納得いただいた正式契約となり、以降は専任のコンサルタントやディレクターが実行をサポートすることになります。私(大橋氏)自身がコンサルタントとしてお手伝いすることも多々あります。もちろん、初期の段階で提案した内容は全体的なものなので、実行段階ではさらに細部を詰めて進めることになります。クライアント様の事情で取り組み内容が変更になることもあるので、柔軟に対応します。その後も、状況に応じたリニューアルなどを随時行って、サイトをベストの状態で保てるようにサポートします。」と、大橋氏はワンストップでのトータルサポートについて言及する。

ワンストップ・サービスで、クライアントの売上・利益向上にコミットできる背景には、大手企業の大規模ECサイトの構築・運営で培った経験とノウハウがあり、またスタッフ体制が充実していることがあると大橋氏は言う。

「私がクライアント様からよくお聞きするのは、当社のスタッフ体制が充実していることへの安心感と信頼感です。コンサルティングやサイト制作、運営、そしてプロモーションに至るまで、ECの成功に必要なあらゆる要素を、それぞれのパートにおいて熟練したスタッフがサポートする体制があります。特に大規模なECサイトを展開されているクライアント様の場合、こちらがどれだけ機動力をもって対応できるかが重要になりますが、当社にはそれに応えられるだけの体制があることが、大きな強みのひとつであると自負しています。」

どんなECにも訪れる売上伸び悩みの“踊り場”からの脱却を多様なソリューションでサポート

ブランジスタでは、スタートアップのEC事業者から、アーリーステージ・ミドルステージで売上の伸び悩みに直面しているEC事業者まで、幅広く対応してくれるが、その優れた機動力が高く評価され、大手企業のEC事業展開に関わることが多いと言う。

「ECビジネスをやっていると、必ずといってよいほど、売上の伸び悩みに直面します。一概には言えませんが、おおむね月商が100~300万円ぐらいに達したあたりで、最初の“踊り場”にさしかかることが多いようです。大手企業様の場合であっても、EC事業については経験やノウハウは少なく、アーリーステージの段階にあるために、どのようにドライブさせれば良いかがわからない、といったご相談も受けます。そうした場合、私をはじめ当社のコンサルタントは、まず目標設定を明確にし、そこに向かっての計画作りと、その実行サポートをお手伝いするという流れでプロジェクトを推進します。もちろん、これからECを立ち上げる、というクライアント様もあります。本業部分では数百億円という売上規模があっても、ことEC事業に関していえば、売上はゼロ。そこからどうやってスピードをもってEC事業を成長軌道に乗せていくのか、ということもサポートしています。」と大橋氏は、対応可能な企業ステージの幅広さをアピールする。また、サポートのやり方もクライアントの状況によって様々だと言う。多様な案件を経験し、ノウハウを高いレベルで蓄積している大橋氏ならではの対応力の高さがうかがえる。

「自社サイトとモール出店などを展開している場合に、モール運営だけをサポートしてほしいというご要望や、EC事業全般を任せたいといったご要望など、ご依頼内容は様々です。EC事業では、ある程度の経験値が備わってくると、逆に、すべてを自前でやる必要はないということに気づくケースも多いようで、この部分は内製でやるが、ここから先はアウトソーシングで、といった業務の切り分けができるようになります。特に大手企業様のEC事業においては、そうしたニーズが多く、ある部分のアウトソーサーとして当社にお話いただくことも多くあります。」

優れた商品を豊富にもち、ブランド力もある大企業でも、EC事業に進出するにあたっては、限られたリソースで、成長を目指さなければならないことも多いに違いない。そうした状況で、あらゆる業務をすべて自前で賄うことは難しいものだ。また、第三者の客観的な視点を活用しないと自社の課題を的確に把握することが難しいこともある。そうした課題・問題に直面した時、ブランジスタのような、コンサルティングから運営までをワンストップ・ソリューションを提供してくれる支援企業の存在は心強い。もし、いま現在のEC運営に何らかの課題を抱えているのなら、ブランジスタに相談してみることをお勧めする。大橋氏をはじめとする優れたコンサルタントと出会うことによって、きっと、解決策が見つけられることだろう。

ブランジスタへのお問い合わせ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事