ECのミカタTOP > 過去ニュース > ジェイド 第三者割当で7億円調達 商品やシステムに投資

日本ネット経済新聞

日本ネット経済新聞

その他
2011年11月28日(月)

ジェイド 第三者割当で7億円調達 商品やシステムに投資

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
靴のECサイト「ロコンド」を運営するジェイド(本社東京都)は10月28日、伊藤忠グループのベンチャーキャピタルなど2社を引受先とした第三者割当増資を実施し、7億円を調達した。靴やアパレルなど商品ラインナップの拡充、ITシステムなどに投資する。伊藤忠グループとの連携も図り、事業拡大につなげる。

引受先は、伊藤忠グループでIT企業などベンチャー企業の営業支援などを行う伊藤忠テクノロジーベンチャーズと、農林中央金庫と三菱商事系のベンチャーキャピタル会社、リード・キャピタル・マネージメント。増資後の資本金は22億円(資本準備金含む)。

調達資金に加え、伊藤忠グループとの連携で、IT基盤の強化、アパレルなどの商材を拡充する。取り扱い商材の拡大と並行し、これまでテレビやネットを中心に展開してきたマーケティング活動を、より一層強化する。

ジェイドは10年10月に創業し、11年2月から本格的に営業を開始した。運営するECサイト「ロコンド」は、商品到着後99日以内の返品無料(送料含む)に対応、コールセンターも自社内に設けている。

同社のビジネスモデルは、米の有力ネット通販企業ザッポスを踏襲。「顧客志向」を軸とし、ザッポス同様に売上高1000億円企業への成長を目指している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録