2017年12月18日(月)08時00分

SNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro(レトロ)」、「UGC Centric Marketing Platform」としてリニューアル

アライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区、代表取締役社長:中村壮秀、証券コード:6081)は、UGC(User Generated Contents、ユーザー生成コンテンツ)を活用したSNS広告クリエイティブプラットフォーム「Letro(レトロ)」のサービスをリニューアルし、UGCをSNS広告に活用するだけでなく、オウンドメディアやECサイト、SNSアカウントの投稿など様々なマーケティングチャネルに最適化して活用できるサービスとして発表いたします。

「Letro」は、2016年8月のサービス開始以来、Instagram上にユーザーが投稿した商品・サービスの写真(UGC)を短時間で収集しSNS広告のクリエイティブに活用できるサービスとして、大手食品メーカーや化粧品メーカーなど多数の企業に導入されてきました。そのなかで、UGCを広告に活用するだけでなく、オウンドメディアやECサイト、SNSアカウントの投稿などにも活用できないかという声が多く聞かれたため、そのニーズに応えるべく、この度、収集したUGCを広くマーケティングチャネルに活用することを可能にし、「UGC Centric Marketing Platform」(UGCマーケティング支援サービス)としてサービスをリニューアルいたしました。

 収集したUGCをただそのまま使用するだけでなく、各マーケティングチャネルに合わせてUGCを最適化し施策効率を最大化するため、「Letro」は今後、「①UGCのクリエイティブ化」、「②人工知能"MILA"(ミラ)」、「③マーケティングチャネルへの連携」の3つの機能を軸にサービスを展開してまいります。

①UGCのクリエイティブ化
取得したUGCを編集・加工することで、利用意図に適したUGCクリエイティブを生成します。

②人工知能"MILA"(ミラ)
"MILA"がUGCを画像解析し、広告効率が高いと想定されるUGCを事前に予測します。

③マーケティングチャネルへの連携
UGCクリエイティブを各種SNS広告、オウンドメディア、SNSアカウントの投稿などのマーケティングチャネルに連携します。

 この3つの機能を軸にしたリニューアル後の「Letro」を通販企業など数社が先行して導入したところ、広告からLP(ランディングページ)まで一気通貫でUGCを活用することで、各チャネルの相乗効果により施策全体の成果が向上いたしました。
 当社では、UGCを企業の広告に活用することで高い効果が期待できることに注目し、昨年よりUGCの収集から広告出稿までをワンストップで支援できるサービスとして「Letro」を提供してまいりました。そして今回のリニューアルにより、チャネルを問わず幅広くUGCを活用できるサービスとなったことから、より多くの企業のUGCマーケティングを支援できる体制が整いました。今後さらに顧客企業のマーケティング施策効果の向上、そして収益成長に貢献してまいります。


<「Letro(レトロ)」とは>
「Letro」は、Instagram上にユーザーが投稿した商品・サービスの写真・動画(ユーザー生成コンテンツ=UGC)の収集、利用許諾の取得、UGCの編集・加工、SNS広告をはじめとする各種マーケティングチャネルへの連携までワンストップで行うことができるサービスです。「生活者視点」のクリエイティブをSNS広告やオウンドメディアに活用することで、ユーザーの視覚・感覚に違和感なく馴染むマーケティング施策が可能となり、施策全体の成果を高めることができます。2017年5月より、広告担当者自身が直接的に運用を行えるセルフサーブ型プランを提供しています。