Column プレスリリース

 
2017年12月04日(月)11時00分

売れるネット広告社がAmazon Pay公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」において、“サーティファイドパートナー”に認定されました!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Yahoo!ブックマークに登録
売れるネット広告社は、Amazon Pay公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」において、“サーティファイドパートナー”に認定されたことをお知らせいたします。2017年11月29日、売れるネット広告社東京オフィスにて、アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部事業部長 井野川氏から、認定証を授与しました。
『売れるネット広告社』が

Amazon Pay公式認定制度である

「グローバルパートナープログラム」において、

“サーティファイドパートナー”に認定されました!

===================================


売れるネット広告社は、Amazon Pay公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」において、“サーティファイドパートナー”に認定されたことをお知らせいたします。2017年11月29日、売れるネット広告社東京オフィスにて、アマゾンジャパン合同会社 Amazon Pay事業本部事業部長 井野川氏から、認定証を授与しました。

Amazon Payの公式認定制度である「グローバルパートナープログラム」はAmazon Payを導入されたい販売事業者に訴求するために開発されたグローバルプログラムです。サーティファイドパートナーに認定されていたのはこれまで9社でしたが、ここに売れるネット広告社が新たに加わり、合計10社となりました。

Amazon Payとは、総合オンラインストアAmazon.co.jp(以下、Amazon)のアカウントを保有のお客様が、Amazonアカウントに登録している配送先・クレジットカード情報などの個人情報を使用して最短2クリックで簡単にお買い物をすることが可能となる決済サービスです。自社ECサイトに導入すれば、新規顧客獲得、コンバージョンアップなど、ビジネスの成長が期待できます。

売れるネット広告社が監修・販売をしている『売れるネット広告つくーる』は、新たな決済手段として2016年12月14日にAmazon Payを導入しました。ランディングページ制作機能を持つASPサービスの中で、Amazon Payを実装したのは、『売れるネット広告つくーる』が“日本で初めて”となります。



『売れるネット広告つくーる』にAmazon Payを導入した場合、
・オプション料金は一切不要!
・個人情報自動入力でコンバージョンアップが期待できる!
・定期購入に対応しているためLTVアップが期待できる!
・メールアドレスを取得してCRM活動が可能!
など、様々なメリットがあります。

また、『売れるネット広告つくーる』を利用しながらAmazon Payを導入した通販会社が、“世界でもトップクラス”で流通実績を出されていますので、『売れるネット広告つくーる』をご契約いただいているすべての通販会社に、Amazon Pay導入を推奨しています。

“サーティファイドパートナー”に認定されたことにより、今後もAmazon Payと連携をはかりながら、クライアントの皆様のさらなる売上拡大と日本のネット広告/ネット通販市場の活性化に向けて取り組んでまいります 。


■売れるネット広告社代表 加藤公一レオのコメント

コンバージョン率を上げるために必要なのは、申込フォームの入力の手間を省くことです。ユーザーが申込フォームに個人情報を入力しなくても済む、つまり、“申込フォーム自動入力”は、今後のネット通販において、特に重要になってきますし、この数年の間に、“勝ち組通販”のほとんどが採用することになるキー・テクノロジーとなるでしょう。

5年後には単品通販のランディングページやECサイトからエントリーフォームという概念すら消えているかもしれません。『売れるネット広告つくーる』でのAmazon Payの導入は、そうした未来のEC市場を予感させる革命的な可能性を秘めています。

また、『売れるネット広告つくーる』を利用いただいているクライアントでAmazon Payを導入した30社の実績を見てみると、平均してCVR(申込率)が1.3倍アップ、決済の割合は30~40%を占めるなど、非常に素晴らしい効果も見られています![NT1] (2017年11月調べ)
これからもクライアントの皆様のさらなる売上拡大に、売れるネット広告社はサービスを提供して参ります。
Twitter
facebook
メールマガジン
メルマガ会員登録になれば
EC業界の最新情報を毎日簡単に入手可能です!
編集部が押さえるべきニュースをピックアップ配信。