これからのマーケ、組織、広告の役割と戦略とは

東京都開催

イベント・セミナー
日時 12:30 受付
12:50 ご挨拶と本日の趣旨のご説明
13:00 【第1部】売れるネット広告社 代表取締役CEO 加藤公一レオ
14:10 【第2部】アドウェイズ ユニットマネージャ 松尾亮
15:20 【第3部】サーキュレーション 取締役 福田悠
16:20 特別情報のご案内
会場TKPスター貸会議室 日比谷 ホールB3A

〒100-0006
東京都千代田区有楽町1-5-2 東宝ツインタワービル B3F
主催企業株式会社売れるネット広告社
参加費用完全無料
定員100名
申込期限2018年12月12日(水)
備考名刺(2枚)をお持ちください。
当日は受付の効率化のため名刺を確認させていただきます
お名刺の無い方は当日受け付けでお申し付け下さい。
*注意事項:
本イベントは、営業又は投資勧誘などの行為は禁止しております。
このような行為が見かけられた際にはご退場/次回以降の入場をお断りさせて頂きます。

セミナー詳細

異業種参入、新規参入が増加し益々競争が厳しくなる化粧品・健康食品業界。
ECとリアルを接合するオムニチャネル、模倣品に対しての知財戦略、規制が予測される中国越境EC、グローバル化、内製だけで対応していては変化への対応に遅れが出ています。
そんな中で、売上をあげるマーケ戦略から中期的な視野での広告戦略、成長企業を支えるための組織戦略について学ぶ機会を作りました。各トピック事例を交えてお話しさせて頂きます。
----------------------------------------------------------------------------



【第1部】
ネット業界のキレイゴトは一切なし!“100%確実”に売上がアップする“最強の売れるノウハウ”を大公開
■講演者 株式会社売れるネット広告社 代表取締役CEO 加藤公一レオ(かとうこういちれお)
■講演内容
一般的に多くの通販会社はネット広告のレスポンス効率を上げるために【A/Bテスト】を繰り返し、ネット広告活動を「最適化」していくのですが、中小の通販会社にとっては大きなコスト負担と労力がつきまといます。
今回のセミナーでは、一貫してネットビジネスに従事し、担当した全てのクライアントを成功させて来た加藤公一レオが、ネット広告で費用対効果と売上を劇的にあげる具体的な手法を大公開します。
ネット通販の費用対効果を改善したい方に、おすすめのセミナーです。
今回のセミナーを通して学べる“最強の売れるノウハウ®”のほんの一部をあげると
・ネットで儲かる仕組みを作る方法
・コンバージョン率の上がるサイトを作る方法
・アップセル率を上げる方法
・クロスセル率を上げる方法
・定期購入率を上げる方法
・購入単価を上げる方法
・クチコミ率を上げる方法
・レスポンスを半永久的に上げ続ける方法
・引上率を上げる方法
・リピート率を上げる方法
・LTV(年間購入単価)を上げる方法
・ROAS(費用対効果)を上げる方法
ネット通販の費用対効果を改善したい方に、オススメのセミナーです!



【第2部】
『上手くいかない広告には〇〇が無い』CV数10倍!アドウェイズの『正攻法』と『成功法』
■講演者 株式会社アドウェイズ ユニットマネージャ 松尾亮(まつおりょう)
■講演内容
ここ数年、EC領域は変化が目まぐるしく、クライアントからも、各広告施策が「なんとなく目前のコンバーションを増やす為のもの」になっている、というお声を聞きます。

・今“線”ではなく“点”の、その場その場のプロモーションになってませんか?
・全体把握が弱く、今月のCVを増やしたい為だけの施策になってませんか?
・流行ってるからなんとなくインスタグラムで掲載してませんか?
もちろん、目前のCVも非常に重要なのですが、Web広告は中長期も見据えた展望と設計が重要です。
短期はもちろん、中長期を見据え、Web広告の考え方から、実践出来るマル秘テクニックを事例を交えてお伝えします。
こんな方に是非、聞いていただきたいです。
・各広告施策が正直上手くいってない
・代理店が何をやっているのか正直わからない
・アフィリエイトのトレンドに正直ついていけてない
・運用型広告のPDCAを正直回せていない
・クリエイティブを正直なんとなく作っている
・今の代理店に正直満足していない



【第3部】
急成長するEC事業者が取り入れるオープンイノベーション組織の作り方「雇用をしないプロジェクト型での人材活用」
■講演者 株式会社サーキュレーション 取締役 福田悠(ふくだゆう)
■講演内容
少子高齢化により労働市場から優秀な人材の確保はますます難しくなります。事業の成長に人材が足りないことで成長できないEC事業者が増えてきており、今新しい組織づくりが求められています。 今回はその中でも、急成長ベンチャーが行っているオープンイノベーション型組織の作り方について事例を交えてお話しします。
EC事業者では本業のマーケティングやCRM、商品開発、物流といった個別テーマの改善に目がいきがちですが、人を軸にした組織設計が成長の土台を支えるインフラになるため、未来の組織のあり方をお話しします。
人材・組織でこんな事に困っている方に、聞いていただきたいです。
・優秀な人材の獲得ができていない
・事業成長スピードについてこれず、採用した人がなかなか定着をしない
・若手に任せたいプロジェクトはあるが、経験不足で任せられない
・プロフェッショナルと出会う機会が少ない
・今後、社員の育成・教育に積極的に投資をしていきたい

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録