根性Excelでの分析はもう限界… ~1か月で客単価8%・売上25%UP!在庫DX成功の秘訣~

オンラインセミナー開催

イベント・セミナー
日時2021/01/21 (木) 11:00 - 12:00
会場【視聴方法】
オンラインセミナーは「Zoom」を使って行います。
Wi-Fiなどネット接続ができる環境であれば、PC・スマホ・タブレットなどから視聴できます。
お申し込みいただいた方には、2営業日以内に、接続先の情報(ログインURL)をメールにてご案内します。
主催企業フルカイテン株式会社
参加費用無料
定員なし
申込期限2021年01月20日(水)
主な対象者小売・アパレル企業の経営者 小売・アパレル企業の販促担当者 小売・アパレル企業の仕入れ担当者 小売・アパレル企業の在庫管理担当者 アパレル企業のMD
備考

お申し込み期限を過ぎています

セミナー詳細

在庫はどんどん増えていくのに、売上は思うように伸びないというアパレル小売の積年の課題。

在庫状況や売れ筋などを把握して効率的に売上を増やすため、何万行にも及ぶ重たいExcelを使って在庫分析に時間を費やしていませんか?

在庫分析を十分にできないまま販促を行うと、合わせ買いの商品選定がうまくいかない、セールをするにも値引きするタイミングや値引き幅が分からないといった事態に直面してしまいます。

かといって、Excelでデータを作ろうとすると、時間をかけた割には想定したような分析ができていなかったり、計算式を間違えて最初からやり直したり、作業をすること自体で達成感が得られてしまったりと、本来の目的が達成できないケースが多く見受けられます。

本ウェビナーでは、このコロナ禍でもたった1か月で客単価8%・売上25%UP(いずれも前年比)した小売企業の在庫DX成功事例について、お客様の現場の課題に最前線で向き合っている弊社の担当者が、現場の課題への向き合い方や、それをどう解決したのかを具体的に語ります。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


【タイトル】
【在庫は増えるが売上は増えない】
根性Excelでの分析はもう限界…
~1か月で客単価8%・売上25%UP!在庫DX成功の秘訣~

【開催概要】
日 時:2021/01/21 (木) 11:00 - 12:00
参加費:無料

【禁止事項(お願い)】
本セミナーはお申し込みいただいたご本人のみの視聴に限らせていただきます。
ログインURLの転送、また、視聴中の録画・録音は固く禁じます。ご理解とご協力を何卒お願いいたします。

【個人情報の収集・利用・提供について・プライバシーポリシー】
お預かりしました個人情報は、本セミナーご参加の確認、及び次回以降に開催するセミナーのご案内、製品・サービスのご紹介に利用させていただきます。 フルカイテン株式会社の個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。(https://corp.full-kaiten.com/privacy.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【speaker】

フルカイテン株式会社 代表取締役
瀬川 直寛

慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。
ベビー服のEC経営者として、在庫問題による3度の倒産危機を乗り越え、その過程で外部的要因や変化に強い小売経営モデル、在庫実行管理(IEM)を生み出す。
また、その実践ツールである『FULL KAITEN』を開発。2017年11月に、研究成果をクラウド事業化しSaaS型クラウドサービス『FULL KAITEN』として販売開始。
2018年9月にはEC事業を売却し社名をフルカイテン株式会社に変更。
棚卸資産の質を可視化し、在庫パフィーマンスを最大化することで「売上増加」と「在庫削減」を両立できるアプローチ方法と、実践ツール『FULL KAITEN』は全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーから注目を浴びている。

ーーーーーーーーーーーーーー

フルカイテン株式会社 カスタマーサクセス
島田 啓嗣

大学卒業後、精密機械メーカーの販売会社の営業職として、カメラ・光学機器の営業に従事。
社長賞、本部長賞を受賞。
その後インサイドセールスシステムを提供するSaaS企業へ転職し、カスタマーサクセス担当として顧客の導入目的の実現のための支援を行う。
カスタマーサクセスとしての顧客対応、仕組みづくりやマネジメントなどの経験を積み、フルカイテン株式会社へ入社。
カスタマーサクセス組織の立ち上げを行い、「どうしたらお客様にFULL KAITENの利用価値を提供できるか」をテーマにカスタマーサクセスチームのマネージャーとしてお客様の課題や成果の最大化に日々向き合っている。


■━━━━━━━━ Produced by FULL KAITEN ━━■

お申し込み期限を過ぎています