好調な卸は「売れ筋商品」に頼らない〜取引先の業績に影響されず、売上増加を実現する在庫DX〜

オンラインセミナー開催

イベント・セミナー
日時2021/02/18 (木) 11:00 - 12:00
会場【視聴方法】
オンラインセミナーは「Zoom」を使って行います。
Wi-Fiなどネット接続ができる環境であれば、PC・スマホ・タブレットなどから視聴できます。
お申し込みいただいた方には、2営業日以内に、接続先の情報(ログインURL)をメールにてご案内します。
主催企業フルカイテン株式会社
参加費用無料
定員なし
申込期限2021年02月17日(水)
主な対象者小売・アパレル企業の経営者 小売・アパレル企業の販促担当者 小売・アパレル企業の仕入れ担当者 小売・アパレル企業の在庫管理担当者 アパレル企業のMD
備考

お申し込み期限を過ぎています

セミナー詳細

「出荷されていく商品が偏り、在庫がどんどん膨らんでしまう」

卸売企業からはこんな悩みをよく耳にします。

小売業界は、コロナの影響により業績が悪化し仕入れを抑制したため、卸売企業もこれまで以上に「出荷する商品の偏り」と「在庫の膨らみ」が顕著になっているという相談が弊社に寄せられています。

しかし小売企業は業績が悪化すると全く仕入れをしないのでしょうか?

そんなことはありません。

小売企業は、業績が悪い中でも少しでも売上を作るため「売れる可能性が高い商品」なら仕入れを行っています。つまり、「出荷する商品の偏り」と「在庫の膨らみ」という問題は、卸売企業が小売企業に「売れる可能性が高い商品」を提案できていないことが原因なのです。

では「売れる可能性が高い商品」とはどんな商品のことでしょうか?

実は営業担当者が把握している「売れ筋商品」以外に、「隠れた売れ筋商品」が存在するのです。

本ウェビナーでは、コロナ禍で小売企業の業績が悪化する中でも、売上増加と在庫削減に成功している卸売企業の具体的な販売戦略と、そのカギとなる「隠れた売れ筋商品」の見つけ方を在庫DXクラウドサービスFULL KAITENを用いて説明します。


■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■


【タイトル】
好調な卸は「売れ筋商品」に頼らない
〜取引先の業績に影響されず、売上増加を実現する在庫DX〜

【開催概要】
日 時:2021/02/18 (木) 11:00 - 12:00
参加費:無料

【禁止事項(お願い)】
本セミナーはお申し込みいただいたご本人のみの視聴に限らせていただきます。
ログインURLの転送、また、視聴中の録画・録音は固く禁じます。ご理解とご協力を何卒お願いいたします。

【個人情報の収集・利用・提供について・プライバシーポリシー】
お預かりしました個人情報は、本セミナーご参加の確認、及び次回以降に開催するセミナーのご案内、製品・サービスのご紹介に利用させていただきます。 フルカイテン株式会社の個人情報の取扱いについてはプライバシーポリシーをご覧ください。(https://corp.full-kaiten.com/privacy.html


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【speaker】

フルカイテン株式会社 代表取締役
瀬川 直寛

慶應義塾大学理工学部で天然ガスの熱力学変化に関する予測モデルを研究。
ベビー服ECの経営者として、在庫問題が原因で3度の倒産危機に直面。それを乗り越える過程で外的要因や予測不能な変化に強い小売経営モデルである在庫実行管理(IEM = Inventory Execution Management)を生み出す。
さらなる研究の末、IEMを実践するツールである『FULL KAITEN』を開発。2017年11月、FULL KAITENをクラウド事業化し、SaaS型システムとして販売を開始した。
2018年9月にはEC事業を売却し、FULL KAITENに経営資源を集中している。
IEMは「売上・粗利の増加」と「在庫削減」を両立できるアプローチ、またその実践ツールであるFULL KAITENは「今ある在庫」のポテンシャルを引き出すことで売上・粗利を最大化できる在庫DXクラウドとしての評価を確立。現在、全国の大手アパレル企業やスポーツメーカーなどで導入が進んでいる。


■━━━━━━━━ Produced by FULL KAITEN ━━■

お申し込み期限を過ぎています