Cookieレス時代にどう備える? Web広告への対策と[チャットボット]/[CDP]/[MA]活用によるLTV最大化の秘訣を一挙公開!

オンライン開催

イベント・セミナー
日時2022年12月6日 13:00-14:30
会場Zoomでのオンラインセミナー
主催企業株式会社ライフェックス
参加費用無料 無料
定員100
申込期限2022年12月05日(月)
主な対象者・Cookieに頼らないウェブ施策がわからない ・Cookie制限による広告運用への影響や対策がわからない ・チャットボットを入れているけど、どうやってCVRあげればいいのかわからない ・小売企業の販促/マーケティング担当者 ・ツールを活用した自社ECの売上向上施策やデータ分析に興味がある方
備考

セミナー詳細

近年、大手プラットフォーマー各社がCookieの規制を強化しています。

個人特定型の広告だけに頼ったマーケティング活動が難しくなる中、各企業はCookieレス時代に備えていく必要があるという話はよく言われていることです。

一方で、「Cookieの規制が強化」「Cookieが使えなくなる」といった話を耳にするものの、具体的に自社のマーケティング活動にどのような影響があるのか、どのような対策をとるべきか理解が追いついていない方も多いのではないでしょうか。

今回のセミナーでは、Cookieレス時代にどう備える?というテーマでWeb広告への対策と[チャットボット]/[CDP]/[MA]活用によるLTV最大化の秘訣を一挙公開いたします。

Cookie規制が与える影響やこれから行うべき対策をお伝えしながら、CVRを爆上げするチャットボットの活用やPDCAの回し方、Cookieに依存しないCDP/MA活用の手法について学ぶことができる内容となっています。

今後Cookieレスが加速し、大きな方向転換を迫られる中、本セミナーを通じて、しっかりと成果を追い求められるマーケティング戦略を考えるきっかけにしてみてはいかがでしょうか?

■開催日時 2022/12/06 (火) 13:00~14:30
■開催方法 Zoom開催
■参加料金 無料
■主催 ブルースクレイ・ジャパン株式会社/株式会社データX /株式会社ライフェックス 

<プログラム>
1.Cookie規制で広告配信はどう変わる?Cookieに依存しないウェブ広告
Cookie規制がウェブ広告運用へ及ぼす影響と、それに対する対策として「3rdパーティデータに依存しない広告戦略」についてお話いたします。

<アジェンダ>
・Cookie規制が広告に与える影響のおさらい
・媒体ごとのCookie規制への対応策
・3rdパーティCookieに依存しない広告施策の考え方と指標

スピーカー
ブルースクレイ・ジャパン株式会社
ゼネラルマネージャー / 一般社団法人 ウェブ解析士協会 ウェブ広告研究会 代表 / ウェブ広告マネージャー講座 運営代表
里村 仁士
2010年より、リスティング運用、サイト分析、人材育成などウェブ広告関連の業務に従事。2013年に国内で5人目のGoogleトップコントリビューター(現名称:Google 広告プロダクトエキスパート)としてGoogle社より認定実績あり。企業研修や一般講座の講師としても活動中。ウェブ解析士マスター、SNSチーフマネージャー、エキスパートウェブ広告マネージャー。 2021年、ウェブ広告の認定資格「ウェブ広告マネージャー講座」を設立。


13:30-13:55
2.今更聞けない!?チャットボットでのCVRを上げる方法と劇的にPDCAを加速させる方法
チャットボットを導入し結果を出すには、効率的にPDCAを回していくことが重要です!そこで、最短で結果を出すPDCA手法とコミュニケーション設計についてのマル秘テクニックをお話しします。

[アジェンダ]
・なぜチャットボットなのか?
・チャットで圧倒的な効果を出すPDCAスキームと独自のコミュニケーション設計
・convexだから実現できる最適化領域

スピーカー
株式会社ライフェックス
CONVEX事業責任者
和田 義士
多くのデジタルマーケティングの経験を有し「全体設計」「プロモーション立案」「プラン二ング」「広告運用」「システム提案」までを行ない、圧倒的なパフォーマンスを出し続け、広告予算200倍まで拡大。 
現在はチャットボットの導入・グロースハックコンサル責任者として支援。「独自パフォーマンス改善スキーム」をもとに導入したすべてのクライアントでパフォーマンスを改善させたスペシャリスト。

13:55-14:20
3.EC小売企業における[CDP]×[MA]活用によるクロスセル率1.8倍事例から紐解く!Cookieに依存しないデータ活用施策と分析を徹底解説
ある小売企業がCookieデータを用いずCDP構築に取り組み、施策や分析を実施した結果、クロスセル率の向上を実現できた事例をご紹介します。

[アジェンダ]
・Cookieを用いず、ECサイトの商品データや受注データを活用したデータ基盤の構築
・CDP/MA活用によるクロスセル率分析から向上施策まで
・SQLを使わずノーコードでの施策や分析により工数/費用の抑止を実現する秘訣

スピーカー
株式会社データX
マーケティング管掌執行役員
福井 和典
日本IBMにてシステムエンジニア、GREEにてCRM領域のオペレーション企画、 PwCでの業務コンサルタントとしての経験を経て、2016年よりデータXに入社。 データX入社後は、カスタマーサクセス部門に在籍し、 小売/金融/アパレル/EC など幅広い業種に対するb→dash導入支援を統括。 その後は、主にb→dashのマーケティング/広報/PR活動や事業企画に従事。

14:20-14:30
4.対談・質疑応答
3つのテーマについてそれぞれご質問にお答えしていきます。