株式会社天喜ジャパン(TENKI-JAPAN)
外注・アウトソース:広告運用代行

楽天市場RPP広告運用代行

楽天店舗も、ECCも知らないRPP広告の真の姿とは…?

  • RPP広告を始めとする楽天内広告の運用代行
  • EC世界最大規模の中国で総額10億ドルの広告運用実績
  • アメリカで特許を取得した大量自動データ分析システムによるCPC・除外商品の設定

ところで、楽天内の広告、その運用方法に自信はありますか? 「なんとなくやってる…」 「商品のCPCなんていくらに設定すればいいの?」 「除外商品?メンドくさい…」 「楽天の広告なんかどうせ効果ないでしょ?」 こういった店舗様がなんと多いことでしょうか。 ご存知の通り2018年4月から導入され、8月より全面的に開始された楽天RPP広告。 ほとんどの店舗様がより効果を出すための正しい運用法を知らずに、初期設定のままか、勘頼みの設定をしてとりあえず運用、そして効果が出なくてやめていく…、このような感じではないでしょうか? 自社で徹底した分析を行い、売り上げもしくはROASを最大化するというのはとても骨の折れる作業であることは重々承知しております。 TENKI-JAPANでは、アメリカで特許を取得した独自の大量データ分析技術を元に、売り上げを目指すのか、ROASを上げていきたいのかなど、店舗様の目標に合わせて商品一つ一つの最適なCPC、除外商品の設定を行います。 EC大国中国で10億ドルの運用実績、40万店舗が導入したこのシステムが、ただいま日本では上陸記念として月2万円からご利用が可能となっております。 もちろん店舗様の規模や広告予算に応じたプランもご用意しております。 全面導入から日が浅い今のうちだからこそ、他の店舗様・ECCがあたふたしている間に、最適なデータ分析に基づいた広告運用を始めませんか?