弁護士法人丸の内ソレイユ法律事務所
ショップ構築/開業:ECサイト制作

ECサイトの広告表現チェック

ECサイトにおける広告表現を、弁護士の立場からチェックし、適切な表現を提案する広告審査サービス。

広告表現に対する規制は、年々厳しくなっており、これからもその傾向は続くと思われています。 ☆ 例えば、近年、薬機法においては、広告規制に違反すると、刑事処罰を課されるおそれがあります。 景表法においては、優良誤認表示や有利誤認表示といった広告規制に違反すると、措置命令という行政処分を受け、そのことが一般に公開されます。加えて、近時導入された課徴金制度により、一定の例外を除いて、違反した広告によって得た売上の3%相当額を課徴金として納付しなければならなくなりました。 特商法においても、違反に対して指示処分という行政処分が行われ、一般に公開されています。 ☆ こうした関連法令に違反しないためには、経験と知識を積んだ専門家によるチェックが必要となります。弊所では、弁護士という法律の専門家が、豊富な事例を検討した経験と、幅広い知識に基づき、問題のある広告表現を的確に指摘するとともに、その表現のリスクを評価し、個々の広告に応じた適切な広告表現までご提案いたします。