ECデータバンク
コンバージョンUP:ひとけシステム

EC-UP(イーシーアップ)

「EC-UP」は、上限まで余りのある文字数や画像数を利用して、転換や回遊を高めるための情報を自動表示させることができるサブスクリプション型のクラウドサービスです。 EC-UPによる掲載情報は自動的に更新されますので、ショップ運営者は手間をかけず「買い回り」を掲載する事が可能となります。

  • 真実! スマホ商品ページは自動更新できる
  • 超時短! AIが買い回り商品をセレクト
  • 圧倒的! 誰でもカンタン最短2クリックで設置完了

ここ近年、楽天市場ではスマートフォン(アプリ含む)経由での購入比率が、PC経由での購入比率を逆転し、今もその差は大きくなっています。

・利用端末におけるスマホを利用する割合は90%以上
・アクセス数における商品ページの割合は95%以上

となっており、楽天市場ユーザーの多くは、PCではなくスマートフォンで、トップページではなく商品ページを見て買い物をしています。
そのため楽天市場に出店しているショップは、PC以上にスマートフォン用ページ内の作り込みが重要となります。スマートフォン用ページの回遊対策をしているショップとしていないショップでは、今後、今まで以上に格差が広がると予想されます。

また2020年9月29日、楽天市場ではスマートフォンの商品ページでバグにより利用できていたタグを制限する仕様変更が行われました。これにより、ショップが行ってきた「スマートフォン上で回遊を高める施策」が無効となってしまいました。回遊する商品が掲載されなくなる事で、せっかく商品ページに来たお客さまが、他ショップのページへの離脱してしまう可能性が高くなりました。

当社では、この楽天市場のタグ仕様変更の影響について、ショップ運営者に対してアンケートを実施しました。
「対応策を提案してほしい」、「iframeを実現できるような方法があれば教えて頂きたい」、「店内回遊ツールがあれば利用したい」といったお声を多くいただきました。

当社は2010年より、楽天市場ショップ向けに自動更新システムを提供しております。アンケートの結果も踏まえ「ショップの手間をかけず、スマートフォンでの回遊率や転換率を上げる仕組み」をご提供する事が、もっともお役に立てるサービスであると考え、2020年6月より開発を開始いたしました。

開発スタートから3ヶ月でクローズドβ版をリリースし、類似商品を自動表示できるシステムをリリースいたしました。その後も開発を進め、2021年2月16日リリースし下記システムをご提供しています。

〇類似商品
1商品毎に、AIが類似商品を表示するシステムです。

〇同時購入
商品毎に、同時に購入された商品を表示するシステムです。

〇パンくずリスト
パンくずリストを商品毎に簡単につけられるシステムです。

〇新着
ショップの新商品を自動表示するシステムです。

〇再販
ショップの再販商品を自動表示するシステムです。

〇更新日
当日の日付を表示するシステムです。


ご利用いただいているショップの中には、楽天ショップオブザイヤーの受賞ショップも含まれており、「回遊が上がった」「同時購入が増えた」「使いやすくてカンタン」といったお声をいただいております。

ご利用方法は、専用ページへログインを行い、自社の商品一覧から商品を選択し、利用したいシステムとデザインを選択するだけ。最短2クリックで設定が完了します。類似商品を自動的に表示するシステムであれば、AIがセレクトした類似商品を、あっという間に商品説明文内に設置することが可能です。ショップ内の全ての商品に、一括でまるごと設定するといった事も可能です。

初期費は無料。全商品自由にシステムとデザインを選んで付け放題の、サブスクリプションサービスとなっており、トライアル期間をご用意しております。

お申込みは、ホームページ( https://ec-up.jp/ )にてお受けしており、β版を利用しているショップの「招待コード」があれば、有料プランご利用時に月額費用を割引できる「クーポン」を1枚獲得できます。