株式会社Spelldata
インフラ関連:セキュリティ対策

世界No.1 DNSサービス Dyn

Dynは、全世界18箇所の重要なTire1 ISPに配信拠点を持つ、グローバルDNSサービスです。 強固なインフラとセキュリティ対策により、全てのインターネット通信の最初を担う、DNSの高速・安定配信サービスを提供しています。 Spelldataは、Dyn社の日本での正式な代理店として、このDNSサービスを販売しています。

  • 昨今のDDoS攻撃はDNSに来る!世界最大のDDoS攻撃すら落とせぬサービス
  • 昨今のDNSサービスは遅延傾向。DNSが遅いとECサイトに繋がりにくくなるが、Dynは超高速DNS
  • 世界最大の分散DNS設備。世界のどこでも速い!

Dynは、マネージドDNSプロバイダーとして、ビジネス用途でマーケットシェアNo.1を誇る企業です。 "Internet Retailer 500"、"Alexa 1000"に位置する企業の間で最も利用されているDNSサービスであり、4,000社の顧客を抱えています。 顧客には、Google、LinkedIn、IDC、Facebook、Twitter、Netflix、Tripadvisor、PayPalを始めとする著名企業が名を連ねています。 年間の収益は、1億ドルを超えます。 # Dynの特徴 ## インターネット通信、DNS専門家集団 Dynは、世界でも類を見ない、インターネット通信、DNSの専門家集団です。 従業員は450名以上、業界をリードする、インターネットアーキテクチャーや、グローバルルーティング、データサイエンスの専門家が在籍しています。 ## グローバル展開 グローバル企業に高速で堅牢なDNSサービスを提供するために、Dynは、世界の重要なTier1 ISPのある20箇所のデータセンターに設備を展開しています。 ## Dynのグローバルインフラ展開 日々鍛えられているプラットフォーム サービスが著名であればあるほど、攻撃の対象となります。 以前は、月に2~3回だったDDoS攻撃は、現在では、週に2~3回まで頻発しています。 2016年10月には、大規模なDDoS攻撃により、Dynのサービスが落ちて、北米を中心にインターネットの通信が不通となりました。 しかし、当時、この攻撃に対処するために、150名のエンジニアが24時間体制で対応しました。 この数は、他のDNS業者の社員の合計数を上回ります。 Dynの投資額は、年間1000万ドル(10億円)で、他のDNS業者の年間売上を上回ります。 その後、2017年の春に再び、2016年10月のDDoS攻撃を上回る規模の攻撃を受けましたが、Dynのお客様には全く影響がありませんでした。 日々、攻撃を受けているからこそ、その攻撃によって鍛えられ、最も強いインフラとなれるのです。