フルカイテン株式会社

新着・更新情報一覧

【フルカイテン】アパレルECと利益構造を調査 「儲けやすいECモール」はあるのか?手数料と値引きの関係は?

調査は、同社が開発するクラウドシステム『FULL KAITEN』を利用中の企業のうち、必要なデータ(2021年5月~2022年4月における売り場別の販売・在庫データ)が得られたアパレル・靴・雑貨等の小売41社(導入ブランド数:190)を対象...

2022年08月02日(火)16時00分

アパレル・住関連小売業の粗利率がコロナ禍2年目で上昇も、仕入れ抑制による粗利率改善は一時的

本調査では、小売各社を粗利率で「50%未満」「50%以上55%未満」「55%以上60%未満」「60%以上65%未満」「65%以上」の5つの階層に分け、2020年度と2021年度における各階層の中央値を比較した。 対象は同社が開発するク...

2022年04月21日(木)16時00分

宅配便の「2024年問題」、物流コスト上昇でEC事業者は利益体質の強化が急務に

宅配便は現在、ヤマト運輸、佐川急便、日本郵便の3社で取扱個数の95%を占めている。1990年代後半までさかのぼると、1997年に楽天が設立され、1999年にはYahoo!ショッピングが始動。2000年にはAmazonが日本で通販サイトを開設...

2021年11月11日(木)15時30分

パルグループHDが『FULL KAITEN』を導入 PAL CLOSETの売上・粗利改善を目指す

新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、パルグループHDはEC売上を大きく伸長させているが、さらなる事業成長のために在庫の運用効率を上げる(できるだけ多くの売上・粗利を稼ぎ、在庫を消化させる)ことが課題となっていたそうだ。 フルカイ...

2021年06月09日(水)07時00分

コロナ禍で加速する「価格競争」 フルカイテンが調査レポートを公表

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、多くの消費者の可処分所得は減少し、厚生労働省の毎月勤労統計によると、現金給与総額は2020年4月から10月まで7ヶ月連続で前年同月を下回っている。 経済産業省の商業動態統計によると、月ごとの商業...

2020年12月21日(月)14時00分