株式会社寺岡精工

TERAOKAの自動採寸テクノロジーで、配送コストの最適化を。

EC物流の課題「配送料の最適化」は出荷時のサイズ計測がカギ。
業界初!厚さ5mmの荷物でも計測可能な、新型自動採寸計量スケール「SmartQbing」や、計量データとWMSをシームレスに連携する採寸計量スケール「SPK-25」など、計量器メーカーならではの高精度なシステムでEC物流の現場をサポートします。

サービス領域
大分類:
バックヤード
小分類:
通販物流
イニシャルコスト価格帯(万円)
1 10 50 100 500 1,000
主なターゲット
商材 :
総合通販 / 衣料・ファッション・アクセサリー / 食料品 / 自動車・パーツ / 家具・家庭用品 / 電気製品 / 美容・健康・医療 / スポーツ・本・音楽・玩具
販路 :
ショッピングモール / マーケットプレイス / 独自ドメイン店舗 / カタログ通販 / テレビ通販 / ラジオ通販 / 実店舗
対応エリア
全国対応

新着・更新情報

新着・更新情報一覧へ  >

EC必見!「宅配クライシス」攻略法

これまでの3回にわたるコラムで、送料値上げに対抗する現実的な手段として、TERAOKAの「Smart Qbing」、「SPK-25」をご紹介し、その機能や導入メリットについてお伝えしてきました。「Smart Qbing」、「SPK-25」に...

2017年11月29日(水)09時00分

EC必見!「宅配クライシス」攻略法

前回のコラムでは、ECショップが宅配ドライバーの作業を負担することによって、送料アップの交渉を乗り切る策をご紹介しました。しかし、それだけでは運送料のコストアップを抑えきれない場合もあるでしょう。そうすると、「○円以上の購入で送料無料」の「...

2017年11月15日(水)09時00分

EC必見!「宅配クライシス」攻略法

まず、ECショップが顧客から注文を受けてからの流れをおさらいしてみましょう。 ECショップは顧客から注文を受けると、商品を箱詰めし、注文情報などが書かれたラベルを貼って物流会社に引き渡します。物流会社はECショップから荷物を受け取ると、サ...

2017年11月01日(水)16時00分

EC必見!「宅配クライシス」攻略法

2017年3月に新聞で報道されたヤマト運輸の送料値上げ宣言をきっかけに、宅配料金の見直しが急速に進んでいます。料金体系をはじめ、宅配業務全体の改善を行わなければ、いずれ物流がパンクし、モノが届かなくなるとまでいわれている「宅配クライシス」。...

2017年10月18日(水)16時00分

会社概要

会社名
株式会社寺岡精工
設立
1947年7月(昭和22年)
所在地
〒146-8580 東京都大田区久が原5-13-12
電話番号
0120-37-5270
受付時間:平日09:30~17:30
コーポレートサイト
https://www.teraokaseiko.com/jp/business/logistics/
事業内容

電子はかり、自動倉庫管理システム、仕分けシステム、カウンティングスケール、電子計量値付システム、自動計量包装値付機、POSシステム、POP作製システム、店舗総合情報管理システム、浄水システム、リサイクル処理機、廃棄物管理システムなどの製造、販売、保守