食品ECの消費期限管理とは

トランスコスモス株式会社

アパレルや雑貨と異なり、食品に関しては消費期限/賞味期限別に在庫管理を徹底しなければなりません。

食品ECの物流倉庫がやるべきこと

食品を取り扱う物流倉庫では、賞味期限/消費期限の管理を行わなければなりません。管理方法は、複数ありますが、商品やメーカーによってルールが異なり、物流倉庫はそれぞれのルールに従って在庫管理を行うことが求められます。
また、適切な在庫管理によって、安心・安全な食品の提供のみならず、深刻な問題となっているフードロス削減にもつながります。

食品EC・通販でよくあるお問合せ

消費期限とは、袋や容器を開けないまま保管をした場合に「安全に食べられる期間」を表すものとされています。日頃から、スーパーやコンビニで食品のお買い物を行う際に消費期限や賞味期限を確認して購入される方が殆どなのではないでしょうか。
実際に食品を扱うEC運用において、エンドユーザーより、「この商品の消費期限はいつ頃になりますか?」といったお問い合わせをいただくことがあります。

安心安全で美味しい食品をお届けするために、食品を取り扱う物流倉庫は、消費期限や賞味期限管理の徹底がマストです。

EC物流倉庫での消費期限管理方法

ロット管理や、OMS、WMSなどのシステムでの消費期限管理などの方法で、消費期限の管理を徹底し、期限切れ間近なものは絶対に消費者に発送しないようにしています。
具体的な管理方法は↓記事をご覧ください。
https://transcosmos-ecx.jp/blog/fulfillment/37


著者

トランスコスモス株式会社

【顧客体験を徹底的に追求した最高品質のオペレーションを実現】

EC事業者様をあらゆる面からサポートいたします!

デジタルマーケティング、サイト制作、コールセンター、
EC物流など、ECの運営においてワンストップでEC事業者様の
支援を行うトランスコスモス株式会社(東証一部上場)

創業50年以上の実績をもつトランスコスモスのフルフィルメント事業で、
通販・EC物流に特化したサービスを提供いたします
https://transcosmos-ecx.jp/service/fulfillment

スピードロジのサービス詳細
https://transcosmos-ecx.jp/service/speedlogi