日本初「スマイルツールズ台湾」後払い追加で新時代へ

ECのミカタ編集部

スマイルツールズ台湾、「後付款」導入へ

 株式会社ペンシルはアンダス株式会社と共同開発を進める、台湾向け単品リピート通販専用ショッピングカート「スマイルツールズ台湾」に、築巢科技行銷股份有限公司(台湾法人)が提供する後払い決済サービス「後付款(アフターペイ)」を追加した。台湾越境EC向けショッピングカートとしては、日本企業で初めての導入となる。

 後払い決済が採用されていない台湾では、 ECにおいてこれまで事前コンビニ決済、クレジットカード決済、代引き、銀行振込といった支払い方法が一般的で、「後付款」が台湾初にして唯一の後払い決済サービスとなる。

 こうして「後付款」が「スマイルツールズ 台湾」を通して台湾の決済に加わることで、新しいECの歴史を構築していくとともに、後払い決済がなかったために多くのECサイトが今まで獲得することのできなかった顧客を囲い込むことができる。

台湾が注目されるワケと後払いで変わること

 台湾のEC市場は年15%の成長を見せており、2014年にはBtoCそしてCtoC市場合わせて8,833億元(日本円でおよそ3兆5千億円)を達成、多くの企業がEC事業へ参入し、その競争は年々激しくなっている。

 そのため、日本の企業にとって台湾はチャンスが多く転がっている越境EC市場なのだが、台湾内で後払い決済が普及していなかったことが越境ECを行ううえで足かせとなっていた。

 しかし今回、日本に法人を置いたまま海外消費者に商品を提供する越境EC型と、海外現地法人を設立して販売拡大を図る海外現地EC型の両方に対応している「スマイルツールズ 台湾」に、後払い決済「後付款」 が加わることで、企業が越境ECにおいて実行できることが広がり、台湾に対して新たな可能性を創出することができるのではないだろうか。

 また「スマイルツールズ 台湾」は、”単品リピート通販専用売上向上ツール”であるため、リピート通販が浸透していない台湾において新たにリピート通販を推進することができ、新たなECのカタチを創造できることに大いに期待できる。

 このように、今回のサービス開始は、後払いという新たな決済方法の提供で、今まで購入の機会を失っていた顧客にとっても買い物の選択肢が増え企業側も不用なかご落ちを防げる、というだけではないのだ。

今進め!越境ECに挑戦するならまず台湾

 台湾のECにおける決済の歴史が、日本の企業によって進化しようとしている。日本の商品が今まで以上に台湾内で流通すれば、台湾から次のステップとなる中国や、果ては東南アジア全体にまで日本のEC企業が広がる日もそう遠くはないだろう。

 というのも、台湾は、物流やインターネットが整備されていることから、中国に進出する前のテストマーケティングの場として最適であると言われており、今回、後払い決済が加わったことにより、まず台湾で”力試し”をしてから次なる市場へ進むという選択もできるのではないだろうか。

 実は、越境ECに対する意識は国ごとで大きく異なり、アメリカで言えば越境ECをチャンスと捕らえるものの、日本のEC事業者にとっては越境ECがハードルの高い挑戦という意識がまだあまり拭えていない。

 しかし今回のサービス導入のように、せっかく越境ECの販路が広げられているのにも関わらず、立ち止まってチャンスを逃していてはいつまで経っても海外に挑戦できずじまいで、いつの間にか取り残されてしまう。

 まずは、台湾にて自社の自慢の商品で勝負してみてはいかがだろうか。なお、台湾の詳しい情報を知りたい方は、こちらからダウンロードも可能だ。

メルマガ会員


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事