WEB接客ツール8社徹底比較!離脱を防ぎCVRを高める

ECのミカタ編集部 [PR]

「WEB接客」とは、WEBサイトを訪れたお客様一人一人に合わせて、最適化された接客を提供しようという考え方であり、「ポップアップ機能」と「チャット機能」の大きく2種類に分けられる。

ポップアップ機能とは、お客様の属性や購入履歴、閲覧履歴、利用デバイス、滞在時間、IPアドレス等といった情報を活用し、お客様に合わせた接客をリアルタイムに実現するもの。
チャット機能とは、WEBサイトを訪れたお客様とチャット上で対話をし、離脱を防ぐもの。

WEB接客ツールのサービス資料一覧はこちら
https://ecnomikata.com/document-request/list.php?gid=6&cid=110

ecコンシェル(ポップアップ系)

 ECサイトに特化し、高性能AIを用いたWeb接客ツールがecコンシェルだ。ディープラーニングの最先端技術を持つPKSHA TecnologyとNTTドコモが共同開発したAIを搭載している。お客様ごとに最適化したコンテンツを提示することで、ネットショップのCVRを改善する。サイトの分析やサイト訪問者の分類、その後の接客から効果検証までをAIが自動で行うため、高速のPDCAを実現できるのが魅力だ。また、導入に際しては、申込から利用までがネットで完結し、最短10分で導入できる手軽さがうれしい。

ecコンシェルのサービス資料はこちら

ZenClerk (ポップアップ系)



 今まさに購入を迷っているお客様にうれしい「最後のひと押し」を提供するのが、ZenClerkだ。サイトに訪問したお客様が「購入を迷っている瞬間」を検知し、オファーを提示、気持ちのいいショッピング体験を提供できる。感情知能「Emotion I/O」で膨大な量のユーザー行動を解析し、迷いの行動をアルゴリズム化しているため、はじめから購入したいものが決まっている目的買いユーザーや見ているだけのユーザーには、オファーを提示せず、効果的にキャンペーン予算を使うことが可能。さらにオファーの内容は自由に設計でき、「クーポン」や「ポイント」、「送料無料」、「ノベルティ」などサイトの目的に合わせて活用できる。

ヒキアゲール(ポップアップ系)

 単品リピート通販のWeb売上アップに特化したマーケティングツールがヒキアゲールだ。顧客属性のセグメント(購入商品や訪問回数等)機能を持ち、その顧客属性に合わせてオーバーレイやリダイレクト、ビューチェンジを行うことで、「コンバージョン率」、「引上げ率」、「クロスセル率」を引き上げることができる。ヒキアゲールで行う施策の例としては「LP長期滞在時新規獲得施策」や「LP2回目不問離脱防止施策」、「本品引き上げ施策」など。また、使いやすさにもこだわり、簡単に運用できるUI、効果測定機能を備えているため、成果を確認しながら運用できるのも強みと言える。

Tagment (ポップアップ系)


 お客様と1対多の対話を可能にするWeb接客ソリューションがTagment(タグメント)だ。Tagmentは達成したい目的に合わせて事前にシナリオを作成し、それに沿う形で一人一人のお客様に丁寧に接客する疑似オペレーターとして機能し、CVRアップを実現できる。特徴的なのは、キャラクターがお客様に選択肢を提示することで、回答しやすい環境を整えているところだ。この特徴を活かし、キャラクターを活用した、訪問頻度をアップするリテンション施策やゲーミフィケーション施策なども可能となっている。

LiveCall (ビデオチャット系)

 リアルタイムの対面ウェブ接客を実現するのがLiveCallだ。お客様とオペレーターやスタッフを、ビデオ通話、音声通話、テキストチャット、テレフォニー(電話からの入電対応)で繋ぐことができる。ブラウザからそのままビデオチャットが可能なため、お客様はブラウジング中の状態からそのままビデオチャットを開始でき、ユーザーエクスペリエンスを途絶えることなく接客できるのがポイントだ。ECサイトでの買い物の途中、気になる商品があっても、サイズや質感など、気がかりなことがあると離脱してしまうお客様も多いが、直接オペレーターと繋がり、確認できることで離脱を防ぎ、CVRを高めることができる。

Flipdesk (ポップアップ系・チャット系)

 Flipdeskは顧客セグメントごとに最適な接客を⾏い『スマホECのCVRを上げる』ツールだ。流⼊経路やサイト内の⾏動をもとに、顧客セグメントを⾃動判別し、 お客様に合わせた最適な販促や商品案内を⾏うことができる。 Flipdeskは「ターゲティングSP(セールスプロモーション)」という新しい領域のサービスで、サイトに訪問したユーザーに対し、個別にターゲティングした施策を行い、サイト価値を向上させる働きをする。サイトに計測タグを設置することで、訪問者の⾏動データを蓄積し、⾃動でグルーピングと販促アクションを⾏う仕組みになっており、的確なターゲットに最適なアクションが行えるツールと言える。

KaiU(ポップアップ系)

 KaiU(回遊)は、ECサイトに訪問したお客様の離脱を最小限にとどめサービスの利用を促進するツールだ。訪れたユーザーの行動フローに併せて、最適なクリエイティブを掲出します。例えば、ユーザーがサイトから離脱行動であるブラウザの「閉じる」ボタンや「戻る」ボタンを押したタイミングでバナーをポップアップ。サイト内の回遊を促します。その他、表示するバナーの表示位置の選択やサイズ調整など、豊富なカスタマイズ機能で、よりユーザーが反応するバナーを作成することが可能です。

KARTE (ポップアップ系・チャット系)

 リアルタイムなWeb接客を可能にするのが、株式会社プレイドの提供するKARTE(カルテ)だ。KARTEはサイト訪問者の特徴や行動をリアルタイムに可視化し、訪問者一人一人の行動や心理状態に合わせた接客を行うことができる。訪問者へのアクションは、自動化することができ、サイト運営者としても手間をかけずに、効果的なアプローチができるようになる。サービス導入後、すぐに効果的な施策が打てるよう、施策のテンプレートも用意されている。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部 [PR]

ECのミカタ編集部。
ECのミカタに掲載しているサービス資料をもとに紹介しています。

サービス資料の掲載をご希望の方は、下記にお問合せくださいませ。
info@ecnomikata.co.jp

ECのミカタ編集部 [PR] の執筆記事