フィードフォース「Next ID Alliance」を始動。ID連携を軸にした、One to Oneマーケティングの実現へ

ECのミカタ編集部

 株式会社フィードフォース(所在地:東京都文京区)は、ソーシャルログイン導入実績No.1サービス「ソーシャルPLUS」を提供する。そしてこの度、同社は「Next ID Alliance」を、本日より開始。本サービスで”より多くの企業と生活者がID連携を軸に、より最適なOne to Oneコミュニケーションを実現できる世界”を目指す。

 フィードフォースは、企業の生産性を高めるサービスを提供する企業だ。ビジネスをより創造性溢れるものに変えて、B2B領域でのイノベーションを起こし続ける。そして同社は、ソーシャルログインサービス「ソーシャルPLUS」を提供。LINEやFacebook、Twitterなど、複数のプラットフォームに対応したソーシャルログインを実装し、ユーザー数・コンバージョン数に貢献する。

 この度、同社が発表した「Next ID Alliance」は、ID連携を軸にした、One to Oneマーケティングのエコシステムを構築する。また、それに向けて各マーケティングサービスとの、パートナーシップを強化・拡大していく。

ユーザー行動の多様化に向けたマーケティング戦略を

 デバイスやメディアの多様化に伴い、ユーザーの行動も多様化が進んできた。そんな中で、最適な顧客アプローチを行うためには、IDベースのマーケティング戦略が重要だ。デバイスに左右されず、様々なプラットフォームと連動可能なことが、これからの顧客コミュニケーションには必要とされてくる。

 Next ID Allianceでは、第1弾として、One to Oneマーケティングのエコシステムを構築する。
 まずは、顧客データベース・コミュニケーションプラットフォームの、保有・活用サービスを提供する20社と、パートナーシップを組む。そして「ソーシャルPLUS」が提供する、LINEログイン機能と各社サービスとのシステム連携を行う。さらに、企業サイト上の顧客IDとLINEアカウントの、ID連携を促進する。それとともに、LINE上でOne to Oneメッセージの配信までを効率的に行える、エコシステム構築を行っていく。

 これにより、各社サービスの利用企業は、まず自社サイトへのLINEログイン実装における、開発コストを最小化。次に、LINEログインで顧客IDとLINEアカウントが自然に紐付けられ、ID連携率の向上を見込める。また、ID連携した顧客に向けて、自社のデータベースを活用。高精度のOne to Oneメッセージを、効率的に配信することが可能だ。

最適な顧客コミュニケーションをスムーズに

 Next ID Allianceでは、LINEを活用したOne to Oneメッセージの配信を行う上でネックとなる、システム開発の負荷・継続的な運用コストを削減する。これにより、さらに多くの企業が手間なくスムーズに、LINEを活用した最適なコミュニケーションを行えるようになるのだ。

 今後も「Next ID Alliance」では、マーケティングサービスの提供企業とのパートナーシップを拡大しながら、機能開発・サービス改善を継続的に行う方針だ。それぞれの顧客に適した情報を、より簡単に届けることで、ECサイトの登録率・コンバージョン率はさらに向上するはずだ。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事