ユーザーのインターネット環境を見据えた適切なECサイト作りを【LINE調べ】

ECのミカタ編集部

 LINE株式会社(本社:東京都新宿区)が、インターネットの利用環境に関する調査を実施。LINEは2年前より半期に一度スマートフォンなどでのインターネット利用に関する定点調査を行なっており、今回は2017年上期の調査結果を発表。調査対象は15~59歳の男女、調査期間は2017年4月で、調査員による個別訪問留置調査によるものという。

 LINEが行ったインターネットの利用環境に関する調査によると、「スマホ」でのインターネット利用者は全体の85%に上ったという。対して「PC」での利用者は46%。構成比としての最多は「スマホのみ」での利用者で約半数。「スマホとPC」の併用者は4割弱と、スマホのみが、スマホとPCの併用者を上回る結果になったという。「PCのみ」での利用者はわずか6%しかいなかった。

 そして全体的にスマホのみでの利用者が、スマホとPC併用者を上回る結果となった。若年層の方がその傾向がより強いという。特に10代では、スマホのみでの利用者が7割に達した。

 また「タブレット」や「ガラケー」を含んだ比較においても、全世代ともにスマホでの利用率が高く、メインデバイスとしてスマホを利用していることが分かった。10~30代では9割超、40代でも9割弱、50代でも6割強が利用しているという結果に。なお10代のPCでの利用率は25%に留まるが、20代以上においては主に職場などでの利用により、PC利用率が高まった。タブレットでの利用率は全体で19%、ガラケーでの利用率は全体のわずか6%だったという。

モバイルファーストの時代。ECサイトのユーザビリティは必要不可欠

 スマホアプリなどが普及した現在において、ECというジャンルだけで考えると、もっとスマホの利用率はもっと上昇するのではないかと思う。しかしながら、ECサイトの開設や日々の作業においてはPCで作業される方が多いはずだ。利用者がどういった環境でサイトや商品を見ているかということも念頭に置いて作業しなければ、ユーザーにとって非常に見づらいサイトになってしまいかねない。

 離脱率やコンバージョン率のデータとしっかり向き合って作られたサイトはユーザビリティが高く非常に親切な印象を受ける。ホームページ等がレスポンシブ対応していない事業者も見受けられるが、現代においてはとても親切だとは言えないだろう。

 インターネットにおいては人が接客できないので、ファーストインプレッションで割とすぐ離脱されてしまう。「お客様を迎える」という心意気で、見やすいECサイトを作るということは、実際のお店を「掃除する」ことと同じぐらい大切な作業と言えるのではないだろうか。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。