アジアでは日本製の食器が売れ筋!海外版地域売れ筋商品発表(ラクーン調べ)

ECのミカタ編集部

 株式会社ラクーン( 東京都中央区、以下ラクーン)が運営する、世界 134 か国へ販売可能な BtoB の越境 EC サービス 「SD export」が売れ筋調査を実施。購入額 80%を占めるアジアでは、日本製の食器が売れ筋であることが分かった。

  「SD export」は卸・仕入れサイト「スーパーデリバリー」の海外版となる輸出販売サービスで、日本国内のメーカーと海外の企業・小売店が取引できるBtoBの越境ECサイトである。

 特徴としては、国内メーカーはどの国からの注文でも国内倉庫(埼玉)に発送するだけ。 そのあとの輸出作業や手続き、代金回収はすべてSD exportが代行する。

 よって国内に発送するのと変わらない作業で海外への販売が可能だ。 また、商品情報を自動で英語化する機能や、国ごとの取引可否が選択可能である、全商品が貨物・PL保険の対象であったりと、日本の国内メーカーが手間・リスクなく海外販売を行えるサービスだ。

 そんな SD export では、一体どこの国で何が売れて

記事の続きを読むには、メルマガ会員(無料)が必要です。
登録は簡単、お名前とメールアドレスの登録で、引き続き記事をご覧いただけます。
登録していただいたメールアドレスへ、次回よりご覧いただくためのパスワードをメールにて送付させていただきます。

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録