郵船ロジスティクスがシンガポールでの食品輸入・決済・受注代行サービスを開始

ECのミカタ編集部

郵船ロジスティクスがシンガポールでの食品輸入・決済・受注代行サービスを開始

郵船ロジスティクス株式会社(以下「郵船ロジスティクス」)は、シンガポールで食品の輸入・決済・受注代行サービスを開始したことを公表した。

シンガポールでの展開を支援

郵船ロジスティクス株式会社は、シンガポールで食品の輸入・決済・受注代行サービスを開始した。

同社シンガポール法人Yusen Logistics (Singapore) Pte. Ltd.の子会社であるNanhai Business Solutions Pte Ltd(以下「NBS」)が現地での輸入を担当し、シンガポール到着後の一連のプロセスを代行することで、日本から食品を輸出する荷主とシンガポールでの販売先の双方にメリットのあるソリューションを提案していくとしている。

NBS社が輸入者になることで、シンガポール国内決済が可能になるほか、同地に在庫を持つことで、小ロットのオーダーにも短納期で対応可能になる。また、ターゲットとなる物品は日本酒などの酒類、冷凍・冷蔵食品、加工食品などとなっている。

海外での日本食人気が背景

近年の海外、特にアジアにおいて、急成長に伴う富裕層や中間層の拡大もあり、日本食人気が高まっている。そうした背景からアジア向けを中心に農林水産物・食品の輸出額は増加傾向にある。

シンガポールでも日本食レストランの出店が盛んになる一方で、出荷あたりのロットが小さく物流費が割高になったり、受注先が国内決済を希望するため成約に至らないなどの課題があった。

このような状況を踏まえて、郵船ロジスティクスでは、日本食の更なる輸出促進に向けて、シンガポールで食品を対象にした輸入代行及び在庫管理・商品受注・代金決済・受注代行サービスを開始するに至った。

小ロット販売の事業者に大きなメリット

小ロット販売の事業者に大きなメリットサービスフロー図

今回新たに始めるサービスでは、NBS社が輸入を行い、輸入通関手続き、在庫管理、仕分け、ラベル貼付などの流通加工、納品の他、シンガポール国内におけるレストランや小売店、卸業者から直接の受注及び代金決済まで代行する。

シンガポールに在庫を持つことで、販売先からのオーダーに対して受注後の納期を大幅に短縮できる他、NBS社が輸入を行うことでシンガポールでの国内決済が可能となる。

また、小ロットで複数の販売先を持つ事業者にとって、複数オーダーのロットをまとめて海上・航空輸送することで、トータル物流コストの削減が見込める。海上輸送の場合、同社は、冷蔵管理が必要な食品を対象にした横浜発シンガポール向け海上リーファー混載サービスを2017年8月からすでに開始しており、今回の新サービスと組み合わせてご利用ができる。

日本出荷から販売先への納品まで一連のサプライチェーンにおける事業者の課題を解決し、海外販路拡大をサポートしていく方針だ。

常温・冷蔵・冷凍の3温度帯でサービス展開へ

今後さらに冷凍水産物の他に、日本酒や加工食品などを中心に、常温・冷蔵・冷凍の3温度帯でサービスを展開していく予定とのことだ。また、NBS社はシンガポール国内の大手e-commerceサイトの販売店としても登録済みであり、EC市場でのBtoCの販売体制も整えていく方針だ。

同社は、これでもシンガポールにおいては毎年開催されているASEAN市場最大の日本の食に特化した見本市「Food Japan」のメインフォワーダーとして展示場までの輸送を一括で請け負うなど、食品物流に関する幅広いノウハウを蓄積してきた。

今回の発表も、そのノウハウを元に日本の農林水産物・食品を取り扱う事業者に最適なサプライチェーン・ロジスティクスを提供する施策の一環と言え、今後も日本食の輸出活性化に貢献していくことが期待される。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事