インフルエンサーが動画でInstagramユーザーの心をつかむ『PONTE Influencer VideoPR』の提供開始

ECのミカタ編集部

クロスフィニティ株式会社(本社:東京都千代田区、 代表取締役社長:溝川 文在、以下「クロスフィニティ」)は、Instagram(インスタグラム)のインフルエンサーが動画でPRする『PONTE Influencer VideoPR』の提供を開始した。

動画PR市場に早くからフォーカス

オプトグループのクロスフィニティ社は、SEOやCRO(コンバージョンレート最適化)を中心としたウェブサイトコンサルティング事業とアフィリエイト広告やインフルエンサーマーケティング等のパフォーマンスマーケティング事業を展開している企業だ。

近年、動画PRの分野は、ブランド認知や購買意欲を高める手法として注目を集めており、同社は早くからその市場に着目し、運営するInstagramアカウントを中心にインフルエンサーのネットワークを形成。Instagramの利用者は、特に10~30代の層で着実にユーザー数を伸ばしている。

SNSで情報を調べるユーザーにダイレクトに訴求

今回、同社が提供を開始した「PONTE Influencer VideoPR」は、インフルエンサーによる拡散力と動画による表現力を掛け合わせることで情報伝達力が増し、ブランド認知や購買を促進する事ができるソリューションだ。特に購入前の段階でSNSでのリアルな情報を収集・検討するユーザーに対し、効果的に使用感や活用イメージを提示できるPR施策になっている。

クロスフィニティ社では、これまで多数のインフルエンサーPRを実施してきた実績を生かし、インフルエンサーごとに効果の高い企画を提案することにしている。さらにインフルエンサーは、オプトグループのクリエイティブスタジオ「Studio CANVAS」で撮影することで、表現力豊かでより高品質な動画PRを作成でき、自身のブランディングにも寄与することが期待できる。

今後も費用対効果の高いマーケティング施策を提案

同社は、今後もこうした動画PRの分野、特にインフルエンサーと連携した施策の実績と知見を遺憾なく発揮し、SNSやウェブを活用した費用対効果の高いマーケティング施策を提案していく方針だ。

動画配信はそれだけでテキストなどと比べて圧倒的に情報量が多く、かつインフルエンサーのファンへの訴求を通して自社アイテムやブランドへのロイヤル顧客醸成にも威力を発揮する。

一方で、動画を使っての的確な情報発信については、制作面やPR手法で一定の知見が必要なのも事実だ。同分野で確かな実績を積み重ねてきたクロスフィニティ社が今回送り出す新たなソリューションによって、多くの事業体のマーケティングが加速することになるだろう。


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事