より高精度かつ可視化に寄与する新マーケティング・サービス『Survey』を開発

ECのミカタ編集部

画像はイメージ

株式会社ワンスター(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:千葉裕介、以下「ワンスター」)は株式会社ディーアンドエム(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:杉村昌宏、以下「ディーアンドエム」)と共同で、リサーチによってクリエイティブを改善しダイレクトマーケティングにおける広告効果を高める新サービスを開発した。

より高精度なマーケティング実現へ

ワンスター社によれば、近年、ダイレクトマーケティングにおける獲得コストが上昇を続ける中、顧客のペルソナやターゲットボリュームを的確に把握することは重要命題となっているという。

ダイレクトマーケティングに限らず、ペイドメディアたる広告領域では、たとえばWeb広告でのクリックといったエンゲージメントの獲得や商品やサービスの購入といったコンバージョンの獲得という意味での歩留まりが芳しくない点は、各方面から指摘されていた所だ。そうした背景から、アーンドメディア(SNS)やオウンドメディア(自社メディアや自社コンテンツなど)を活用し、より少ない費用で顧客やユーザー候補との関係性と信頼関係(ロイヤリティ)を醸成しようという大きな流れが構築されつつある。

一方で、ダイレクトマーケティングを初めとする直接的なアプローチは、短期間により多くの対象に対してアピールできる点で、引き続き大きな有用性を有している。そこにおいて顧客のペルソナやターゲットボリュームを的確に把握することと、そこへ向けた精度向上を目指すことは当然の帰結とも言える。

ターゲットボリュームを可視化

同社資料より

こうした状況を踏まえて、デジタル領域におけるダイレクトマーケティング支援や越境EC事業支援などを提供するワンスター社は、マーケティング支援事業などを展開するディーアンドエム社と共同して、リサーチによってクリエイティブを改善しダイレクトマーケティングにおける広告効果を高める新サービス『Survey』の開発に至ったのだ。

ワンスター社では、Surveyを通して、ディーアンドエム社の保有する消費者パネルへ実際にリサーチをかけることによって、顧客の“顕在度(購入モチベーション)”や“性格属性”を正確に把握し、ターゲットボリュームを可視化することが可能となるとしている。

さらなる広告効果の改善を目指す

これまでも、デジタル領域におけるダイレクトマーケティング支援や越境EC事業支援などの面で確かな実績を積み重ねてきたワンスター社。同社が、同様にマーケティング支援事業などの面で豊富な知見を有するディーアンドエム社と力を合わせて新サービスを生み出したことになる。

今回の公表に際してワンスター社は、今回のSurveyの開発などを通し、単品リピート通販に特化したデジタルマーケティング会社としてのノウハウを活用し、さらなる広告効果の改善を目指すとしている。

EC事業、そして越境ECの領域においても、より高精度なマーケティング・サービスを提供してくれることになるだろう。そして事業者にとっても、マーケティングを行う上において有力な選択肢となることだろう。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事