【京東集団】仏・高級ブランド「バレンシアガ」が初出店!ラグジュアリーブランド専門ECで「中国1位」を目指す

ECのミカタ編集部

京東集団(ジンドンしゅうだん)(本社:中華人民共和国 北京市/代表:劉強東)は、フランス発祥のラグジュアリーブランド「バレンシアガ(Balenciaga)」が初めて、自社の運営するプラットフォーム「TOPLIFE」に出店したことを発表。
中国市場最大ともいわれるECサイトで、中国シェア1位を目指す。

京東集団は、中国市場を牽引するECサイト「京東商城(ジンドンしょうじょう)(JD.com)」を運営する大手EC&小売インフラカンパニー。中国最大手アリババに追いつく勢いで業績を上げてきている。今回は自社の運営する高級ブランド専門の「TOPLIFE」に仏ブランドを迎えることで、より販路を拡大していく。

「TOPLIFE」とは

京東集団の運営する、高級ブランド専門のECプラットフォーム「TOPLIFE」は、2017年10月に特設された。
 
すべての商品を定価で提供することにこだわった高級志向。加えて、最高級の配送サービス「京尊達」を利用することが可能。スーツと手袋に身を包んだ洗練された配達員が、電気自動車で配達に訪れる「ホワイトグローブデリバリー」により、顧客は配達される瞬間から高級な時間を楽しめる。

京東のもつプラットフォームの強み

今回バレンシアガがTOPLIFEへの出店を決めた要因は、そのサービスの充実さと巨大な中国マーケットにある。
 
TOPLIFEに出店することで、バレンシアガを求める中国の特殊な環境下にある顧客に配送が可能となり、「JDペイ」などの中国全土に通用する決済手法を利用することで、高級ブランドでも快適な購入ができるようになる。

初出店は両社にとってメリットがある

バレンシアガが京東集団のプラットフォームに初出店することは、両社にとって大きなメリットとなる。
 
バレンシアガとしては、今回の出店が中国市場戦略の第一歩となる。巨大なマーケットを抱える京東集団と組むことは、販路を広げる助けになることは間違いがない。
 
対して京東集団も、「TOPLIFE」は特設したとはいえまだまだ若いプラットフォーム。バレンシアガの影響力を借りることで、高級ブランドの市場を一気に拡張させるきっかけとなるだろう。

ECによって広がるネットワークは、さまざまな企業とのタッグを可能とし、さらに両社にとってプラスの方向に向かっていく。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録