成長するカンボジア市場で日本発ECプラットフォーム『Arinos』が展開を開始

ECのミカタ編集部

スリランカ、カンボジア、フィリピンの海外拠点で事業を展開してきた株式会社Arinos(本社:東京都千代田区、代表取締役:古家 由也、以下「Arinos」)は、カンボジアにてローカル顧客がWebでスムーズに購入可能なECプラットフォームを目指し、「CozmePark」をリリースした。

ECの面でも成長過程に入りつつあるカンボジア

Arinos社によれば、近年カンボジアでは、人口1,500万人超の中で34歳以下の若年層の割合が増大し、賃金引上げにより消費意欲も高まっているという。

特に若年女性によるコスメやファッション分野への関心は高く、ショッピングモールといったリアル店舗はもちろん、ECサイトやFacebookなどSNSを用いた消費も活発化している。一方で、商品への不信、決済、物流の不全等の理由により、ECは未だ発展途上の段階にもあるようだ。

同社では、そうしてASEAN諸国に比べ相対的に市場成熟度が遅れているとされてきたカンボジアにおいて、外資企業やスタートアップ企業の参入により都市部を中心にIT、決済、流通網等のインフラや法的基盤(電子商取引法など)が徐々に整備されてきており、ECが同国で本格的に受け入れられる日が迫っていることを感じ取っていた。

そこでそのチャンスをとらえ、「誰もが様々な真正品を簡単・確実に購入出来るWebプラットフォーム」を目指し、『CozmePark』のリリースに至ったのだ。

たしかな商品を安心できる取引環境で

メイクアップアーティスト養成学校兼サロンの店舗イメージ(同社資料より)

同社では、カンボジアで展開する「CozmePark」の特徴について、以下のようにまとめている。

◆特徴1:Authentic(正規品)

化粧品メーカー、正規代理店より提供された真正品のみをローカルユーザーに販売。現地では直営店や正規代理店の不足により、並行輸入品がFacebookにて数多く行われている。本サービスは、現地にて主要の直営店や正規代理店を中心に、厳正な審査を経た上でサプライヤーと提携していく。

◆特徴2:Selectable(選択肢の多さ)

海外、国内問わず、様々な有名ブランド、商品をローカルユーザーに提供。日本、韓国、タイ、アメリカ、フランス等、様々なブランドやカテゴリの商品を取り扱い、今後も更なるラインアップの拡充を予定する。

◆特徴3:Safely(安全な取引き)

短納期で確実に商品をローカル顧客に提供する。現在は首都プノンペンを中心に、現地物流会社と提携し、当日又は翌日までに配送可能な環境を整備している。また、現地の大手銀行や決済ベンチャー企業と提携を図り、モバイルでセキュアかつ滑らかにオンライン決済が可能な仕組みを実現する。

サービスの認知と理解向上にも注力

また、今後については下記の内容を展開する予定だ。

◆方向性1:SNS向け動画

コスメ商品の特性や使用方法を直感的に分かりやすく伝えるために、縦型短尺動画やライブ動画に取り組んでいく。数多くの現地著名人が訪れる現地メイクアップアーティスト育成スクール兼サロンと提携をし、「誰もが出来る」カジュアルな化粧方法を動画で発信していく。

◆方向性2 アンバサダープログラム

個人がエンパワーメントされつつあるカンボジア文化の中で、現地正社員又はフリーランスの方々と積極的に提携し、アンバサダーとしての副業機会を提供していく。また今後、イベント等を通じたコミュニティ形成にも力を入れていく予定。

成長するアジア市場での商機をとらえる

アジア圏は世界的に見ても成長市場として魅力を持つ国や地域がひしめき合っている。かつてポルポト政権下で圧制を強いられたカンボジアも1993年の制憲議会の発足、1999年のASEAN(東南アジア諸国連合)への加盟を機に大きく変貌を遂げ、経済発展へ向けた大きな胎動をみせているようだ。

そうした状況はもちろんECの面でも有望な市場であることを意味する。特にここでもコスメやファッション関連への関心が高く、同分野で品質の高い製品を供給している日本の各事業者にとっても越境ECの面で大きな商機ともなるだろう。

流通や決済を含めたプラットフォームを提供することを通して、Arinosが同国で代表的なコスメ分野でのECサービスとなっていけるのか、ぜひその今後に視線を送りたい。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事