【月額50万円!】AIがリスティング広告の運用作業負担を軽減へ。

ECのミカタ編集部

株式会社ジャストシステム(本社:東京都新宿区/代表:関灘 恭太郎)は、リスティング広告の運用業務を支援するクラウドAIサービス「Listing Auto-Flight」 (リスティング オートフライト) を、本日11月1日 (木) より広告代理店向けに提供。
価格は月額50万円 (税別) から。

広告業界の課題とは

現在、Webプロモーションにリスティング広告は欠かせない施策のひとつだ。
しかし、頻繁な効果測定を行い、大量の入稿用キーワードや広告の作成し直し、入札条件などを調整し続けていく作業はかなりの労力と時間を要する。
特に広告代理店は複数アカウントを運用しているケースも多い。クライアントの要望への細かい対応などから、人手で行わざるを得ない作業が多く、効率化が課題となっている。

クラウドAI「桐壷」

株式会社ジャストシステムは、日本語入力システム「ATOK」の開発で培った自然言語処理技術や、広告運用の成果を最大化するための統計処理技術といったさまざまな技術を活用しながら、人工知能(AI)である「桐壺」(きりつぼ)を新たに開発した。
広告業界の課題の解決のため、従来、リスティング広告の運用において手作業に頼っていたプロセスを、クラウドAIである「桐壺」が代行し、さらに運用作業負担を大幅に軽減する「Listing Auto-Flight」も開発した。

「Listing Auto-Flight」の3つの機能

 「Listing Auto-Flight」では、「桐壺」がリスティング広告の運用状況を日々確認し、発見した課題から導き出した改善プランを提案する。
より検索されやすい語彙の抽出支援や広告文の自動生成、ABテストの実施、レポート作成など、リスティング広告の運用業務をトータルに支援する。
「Listing Auto-Flight」の機能は、主に下記の3つだ。

・全アカウントの運用状況を一元管理、最適な改善プランまで提示
これまで手作業で行っていたリスティング広告の運用状況に対する把握と解析を、「桐壺」が代わりにおこなう。
KPIをひと目で把握できるよう運用実績をわかりやすくグラフ表示することに加え、発見した課題を分析して導き出した最適な改善プランを提示。
従来かかっていた手間や時間を大幅に軽減し、効率的な運用を可能とする。

・入稿用キーワードの作成や改善が簡単におこなえる機能を多数搭載
「ワードエクスパンド」機能:言葉を選んで「拡張」ボタンを押すだけで、類語や共起語を多数表示。思いもよらなかった語彙を発見でき、新たな検索トラフィックに広告を表示できるようになる。
「キーワードクラスター」:瞬時に語群を分類し、掛け合わせに最適な言葉を判断できる。
「キーワードシミュレータ」:入札単価などを試算でき、重複チェックの機能をつかって、より有効な入稿用キーワードをすばやく簡単に作成できる。
作成した入稿用キーワードは、Google広告やYahoo!プロモーション広告にそのまま送信できる。

・広告文を自動生成し、編集も支援。ABテストは結果が出次第、メール通知
ランディングページ(LP)を解析して広告文のドラフトを自動生成。
ユーザーが広告文の編集を行う際には、「桐壺」がLPから学習した内容とWeb広告の傾向などを蓄積したデータベースから最適な言葉を選び出し、入力時に後続文や言い換えとしてリアルタイムに提示する。
より適切な言葉で、魅力的な広告文の作成が容易におこなえるようになる。
ABテスト実施中も「桐壺」が日々確認をおこない、状況を時系列でわかりやすくグラフ表示。
ABテストの結果が出たタイミングでメール通知するため、頻繁な確認作業といった手間も不要に。

価格は月額50万、試してみる価値はあり?!

全てを手動でおこなうのは、確かに限度がある。
それもサービス価格は月額50万円。裏を返せば、今まで月額50万円分の仕事をしていたということになる。
50万のコストで広告運用の効率を上げ、事業を拡張する時間を買うと思えば、相応の価値があるのではないだろうか。

名称:リスティング広告の運用作業負担を軽減するクラウドAIサービス
「Listing Auto-Flight」
提供開始日:2018年11月1日 (木)
価格:月額50万円 (税別) から。

 ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事