Instagramショッピングを活用するファッションECが500店舗を突破!いま、ECサイトに求められるものとは

ECのミカタ編集部

株式会社フューチャーショップ(本社:大阪市北区/代表:星野裕子)の提供するSaaS型ECサイト構築プラットフォーム「futureshop」(以下、フューチャーショップ)では、 2018年6月25日より「Instagramショッピング機能(Facebookカタログ連携)」をリリース。

2018年11月に同オプションの申し込み店舗数が500店舗を突破したことを発表した。

※以下、注釈のないものに関しては、Instagramショッピング機能とはfutureshopの機能を指す。

気になった商品は即購入!Instagramショッピング

2018年6月5日、Instagramショッピングが日本でもリリースされた。

Instagramショッピング機能とは、Instagramのフィード投稿時にfutureshopで運用しているECサイトの商品情報をタグ付けすることができる機能だ。

これにより、ユーザーは投稿に表示された商品情報から商品ページへ直接遷移することができる。

2018年11月12日の調査時点では、すでに 526店舗のECサイトが申し込みを完了。全体の約半数45.63%はファッション関連の店舗。レディースファッション、メンズファッション、バッグや靴など、店舗数は240にものぼる。

ファッションECサイトの約8割がInstagramを利用

フューチャーショップでは、自社ECのファッション関連店舗のInstagram運用状況を明らかにするために、futureshopを利用中の全2,400店舗から、月商300万円以上のファッション関連店舗を無作為に200店舗抽出し、調査を実施。

結果、88.5%の店舗がInstagramを運用し、そのうち73.45%の店舗様がInstagramショッピング機能を申し込んでいた。ファッションでは、ブランドの世界観を直感的にビジュアルで表現できるInstagramの運用が盛んであることが分かった。

月商1000万円以上のファッション関連店舗を無作為に50店舗抽出、調査した結果、Instagramアカウント運用率は90%。

その中でのInstagramショッピング機能契約済みの割合は84.44%に達するなど、売上が高い店舗ほど自社ECとの連携に高い関心を寄せる傾向があるという。

SNSは店舗とファンの交流の場でもある

Instagramは、2018年9月に日本国内で月間アクティブアカウント数が2900万を超えた、と発表している。

今や友人とのつながりだけではなく、ブランドとのつながりや、興味関心を深める場所としても利用されているようだ。自社ECサイトも、スマートフォンの普及に伴い、ただ販売するだけの場所ではなくなってきている。時間や場所の制限なくアクセスできるため、商品の発見や購入時の比較・検討するときに、活用されることが増えてきた。

Instagramショッピング連携に代表されるようなSNSとの連携や、LINE連携などを活用し、コミュニケーションを重ね、自社ECサイトに誘導することで興味・関心のあるファンとの絆を創り、深めていく場所という役割もある。

フューチャーショップは今回の調査結果から、ファッション関連店舗が高い割合でInstagramを運用し、Instagramショッピング機能導入により自社ECサイトとの連携を強化しているのも、ブランドとファンのコミュニケーションを重視している結果ではないか、と推察する。

現代のビジネスは「ファンづくり」

ECで簡単に商品購入ができる現代において、多くのECサイトに求められるのは「ファンづくり」だ。店舗ごとのシステムや商品に差がなくなってきた今、多くのユーザーはECサイトの対応の良さなどサービスの質に目を向けてきている。

サイトの質の高さ、ここでなら安心して購入できる、という信頼。生きたコミュニケーションがリピーターとなるファンをつくり、EC業界を加速させる。そうしたファンとの交流の場をつくるのも、またECである。

 

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録