オンライン医療『LINEヘルスケア株式会社』を設立へ

ECのミカタ編集部

LINE株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤 剛、以下LINE)とエムスリー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:谷村 格、以下エムスリー)は、オンライン医療事業を目的とした、共同出資による新会社「LINEヘルスケア株式会社」を設立したことを公表した。

臨床医の9割以上に情報を配信するエムスリー

LINE社は、世界中の人と人、情報・コンテンツ、サービスなどのあらゆるものが、オンライン/オフライン問わず、いつでも、どこでも、最適な距離でシームレスに繋がる世界を目指すべく、「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションに掲げ、「LINE」を入り口に生活の全てが完結する「スマートポータル」の実現を推し進めております。決済、金融、O2O、求人、ニュースなど様々な領域においてサービスを展開して来た。

一方、エムスリー社では医療従事者専門サイト「m3.com」を運営しており、日本の臨床医の約9割にあたる27万人以上の医師会員と日本の薬剤師の半数超にあたる16万人以上の薬剤師会員等に対し医学関連情報を配信し、製薬業界を中心にマーケティング支援サービスや治験支援サービス等を提供している。

また、日本のみならず米国、英国、フランス、中国、韓国、インドなど海外への事業展開を積極的に進めており、全世界で450万人以上の医師会員・調査パネルを有し、そのメディア力を活かした製薬会社向けマーケティング支援サービス、調査サービス、医師転職支援サービス等を展開しているところだ。

2019年中に遠隔健康医療相談サービス開始を予定

今回設立した新会社LINEヘルスケア株式会社では、「LINE」の国内月間利用者数7,800万人のユーザーベースと、「m3.com」における日本の臨床医の約9割にあたる27万人以上の医師会員、日本の薬剤師の半数超にあたる16万人以上の薬剤師の会員基盤に加え、日本最大級の医療総合メディア「QLife」や医師相談サービス「AskDoctors」などの一般生活者向けソリューションを展開するエムスリーグループの医療分野における知見やノウハウを活かし、「LINE」を活用した医療に関するQ&Aや遠隔健康医療相談、オンライン診療をはじめとするオンライン医療事業を展開していくとしている。

まずは、2019年中に、遠隔健康医療相談サービスの開始を予定しており、さらに、法整備の進展を見ながら「m3.com」の薬剤師会員基盤を活用した処方薬の宅配サービスなども検討していく予定だ。

【新合弁会社の概要】
称号:LINEヘルスケア株式会社
所在地:東京都新宿区新宿四丁目1番6号
代表者:代表取締役 室山 真一郎(LINE株式会社 執行役員)
設立日年月日:2019年1月4日
事業内容:オンライン医療事業及び遠隔健康医療相談事業
資本金:1.7億円(資本準備金8,500万円を含む)
出資比率:LINE 51%、エムスリー 49%(LINE 連結子会社)

医療業界の課題解決に資するプラットフォームへ

LINE社によれば、将来的に例えば、病院での待ち時間の解消や診療時だけでなく患者の日常生活における実態を把握した上での最適な医療の実現を企図し、病気やさまざまな症状に悩む人々ためのプラットフォームとして医療業界の課題解決に資する多様なサービスの提供を目指す方針だ。詳細についてはサービス開始時に改めて公表するとしている。

コミュニケーションインフラとして日本をはじめアジアを中心とした世界でも浸透しつつあるLINE。それを基盤として、すでにECや決済などエコシステムとして幅広い展開を推し進める同社はヘルスケアの面でも大きな存在感を発揮することになりそうだ。

ECノウハウ


記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録