LINEへの広告配信を効果的に効率的に【ソウルドアウト】

ECのミカタ編集部

ソウルドアウト株式会社(本社:東京都千代田区/代表:荻原猛、以下ソウルドアウト)が提供する、データフィードマネジメントツール「SO Data Feed Creator(エスオー データ フィード クリエイター)」が、LINE株式会社(本社:東京都新宿区/代表:出澤 剛、以下LINE社)が新たに提供を開始したダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」で使用されるデータフィード生成の対応を開始。

ダイナミックリターゲティング広告の実装から配信までを効率的におこなうことができるようになる。

ベンチャー企業の成長を支援する、リーズナブルなツール

ソウルドアウトグループは、デジタルマーケティング、テクノロジー、HRの領域で日本全国の中小・ベンチャー企業の成長支援を行っている。

同社の提供しているデータフィードマネジメントツール「SO Data Feed Creator」は、データフィード生成ツール市場での相場で比較してもリーズナブルな価格設定となっており、中小・ベンチャー企業にとっても扱いやすいツールとなっている。

今回、LINE Dynamic Adsのデータフィード生成に対応したことで、SO Data Feed Creatorを利用している企業はLINE上で費用対効果の高いデータフィードに配信することが可能となった。

ダイナミックリターゲティング広告「LINE Dynamic Ads」とは

LINE社が新たに提供を開始したサービス。ユーザーのWebサイトへの訪問履歴や閲覧ページに基づき、好みや興味関心に合わせた動的広告を作成、ユーザーの再訪問を促すことを目的とする広告だ。

LINE Dynamic AdsはLINEのタイムライン上に配信される。LINEは日本国内で月間6,800万人が訪れると言われており、そのタイムライン上に配信されることは大規模なユーザーへのリーチが期待できる。

効率的な広告配信を実現する

SO Data Feed Creatorは、顧客企業の商品データを配信先の媒体のフォーマットに合わせて自動で変換できるツールである。

Webサイトを巡回して商品名、商品画像、価格、商品説明文などの商品情報を取得する機能を搭載しているため、ダイナミックリターゲティング広告の実装から配信までを自動で担ってくれる。

効果のある広告を効率的に

ECの加速は著しく、情報のスピードは目まぐるしく変化する時代において、ユーザーの興味関心も変化のスピードが速くなっている。

EC事業者としては商品の入れ替えやサイトの更新だけでも手間がかかるところ、効果的な広告配信の内容にも手を回すとなると、特に中小・ベンチャー企業では人手もコストもかかる。

そうした不安を解消できるのが今回の取り組み。リーズナブルなツールで広告配信を自動化、それも確かなマーケットを抱えたLINEと連携したことは、多くのEC事業者にとって大きな力となるのではないだろうか。

ECノウハウ

記者プロフィール

ECのミカタ編集部

ECのミカタ編集部。
素敵なJ-POP流れるオフィスにタイピング音をひたすら響かせる。
日々、EC業界に貢献すべく勉強と努力を惜しまないアツいライターや記者が集う場所。

ECのミカタ編集部 の執筆記事

コメント

コメントを書くには、会員登録が必要です。
既に会員の方はログインしてください。
まだ登録をされていない方は、「新規会員登録」より登録を行ってください。
新規会員登録